福岡 パーソナルトレーニング 加圧トレーニング

福岡 50代のポンコツBODY専門 パーソナルトレーニング

50代から始めるトレーニング成功マインドセット

 


【福岡 50代のポンコツBODY専門】

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

50代から始めるトレーニング成功マインドセット

についてです。

 

 

 

初めてトレーニングを始める方、

50代になり数十年ぶりに体を鍛える方が

一番やってしまうこと!!

 

 

 

 

それはズバリ

「頑張りすぎ」です。

 

 

 

 

老化や筋力・体力の低下で

心が落ち込んでいるところに、

 

 

 

 

ダイエットに成功した友人が現れ、

焦りや対抗意識が芽生え、

 

 

 

 

よしっ!!

 

 

 

 

私も若々しくなりたい!

 

私も健康でいたい!

 

もっと人生を楽しみたい!

 

 

 

 

と、今まで何もせずにサボっていたのに、

いきなり肉体改造に目覚めたあなたへ

 

 

 

 

頑張りたい気持ちは

すごく分かります。

 

 

 

 

でも、あなたは、

もう35歳ではありません。

 

 

 

 

気持ちは30代でも、

あの頃の感覚で頑張っては、

ケガをしてしまう可能性が高いのです。

 

 

 

 

その理由をご説明しますね!

 

 

 

回復力が衰えている

 

これは説明しなくても、

実感で理解できる方が多いと思います。

 

 

 

 

回復力を早めるケアはできるけど、

本質的には低下していくものなので、

それは認める必要があります。

 

 

 

関節を守る筋力が低下している

 

筋肉、筋力には、

動かす力と守る力があります。

 

 

 

 

若い頃はどちらも強いので、

多少無理をしても何とかなるのですが、

 

 

 

 

守る筋肉・筋力が低下している状態で、

動かす力を発揮すると、、、

 

 

 

 

関節を守ることができずに、

痛めてしまうことになります。

 

 

 

 

健康のためにと始めた

ウォーキングやランニングで、

 

 

 

 

すぐに関節を痛めてしまうのは、

守る筋力以上に動かす力を使ってしまったから。

 

 

 

 

50代から始めるトレーニングや

初心者の体作りは、

 

 

 

 

なんだか物足りないなぁ。

これで効果あるのかな?

 

 

 

 

と感じてしまうくらいの

内容から始めるのが適当です。

 

 

 

 

まず、無理をしないこと、

しっかり回復ケアを行うことが大切です。

 

 

 

 

そして、

関節を守る筋肉を鍛えながら、

動く力を発揮していくことが必要なんですね。

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングを

受けているお客様も、

 

 

 

 

圧倒的に結果を出し続けている方々の口癖は、、、

 

 

 

 

「キツすぎることはしたくないです」

 

 

「一歩、一歩、でいいです」

 

 

「これだけで、この成果!」

 

 

「追い込まなくても結果は出る」

 

 

「焦っていません」

 

 

 

 

若い頃と違って、

50代からのトレーニングで

難しいと感じることは、

 

 

 

 

ケガをせずに続けること、

ケガをせすにパフォーマンスを上げていくことです。

 

 

 

 

学生時代にスポーツをしていた方で、

何十年も体を放置していた方は特に注意が必要です。

 

 

 

 

頭では昔のイメージが残っているため、

つい頑張って動いてしまいがち。

 

 

 

 

せっかく頑張っても、

体を痛めてしまっては、

 

 

 

 

結局休んだり、リハビリが必要になり、

肉体改造は思うように進みませんよ。

 

 

 

 

50代から始めるトレーニングは、

急がば回れ!!!ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

LINEによる相談・お問い合わせはこちらから

 
 
①お名前②年齢
③症状・トレーニングの目的
 

 

以上を記入していただき、
ご相談ください。

 

 

 

友だち追加

ID検索 : @213ghjre

 

 

 

タグ :   

マインド

関節に関する手術をするタイミングについて

 


【福岡 50代のポンコツBODY専門】

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

関節に関する手術をするタイミング

についてです。

 

 

 

「手術するしかありませんね~」

 

「手術しても絶対に治るという保証はありませんけ

 

「使いすぎで痛めたわけではなさそうですし」

 

 

 

 

と言われてしまったのは、

私のパーソナルトレーニングを受けているお客様(Aさん)です。

 

 

 

 

お医者さんにこんなことを言われたら、

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

Aさんのトレーニングを担当して2年になりますが、

最初は親指のばね指に悩んでいらっしゃいました。

 

 

 

 

ばね指とは

↓↓↓

 

 

ばね指は、

指の曲げ伸ばしに動きが悪くなり、

痛みが出る疾患です。

 

 

 

 

一般的には、

更年期や出産後の女性に多く、

筋力低下やホルモンバランスとの関係があるとされています。

 

 

 

 

そんな親指のばね指に

困っていたAさんですが、

 

 

 

 

「治るか分からんのに手術なんか受けたくない」

 

 

 

 

とおっしゃいました。

そりゃ、ごもっともです。

 

 

 

 

それで、

関節リカバリートレーニングを始められたのですが、

今では「治った」と言われています。

 

 

 

 

そして、

「手術なんかしなくてよかった~」とも。

 

 

 

 

症状の程度にもよりますが、

ばね指、ヘバーデン結節の痛みを改善することは可能です。

 

 

 

 

Aさんのケースでは、

緊急を要する手術ではなかったため、

約1カ月の関節リカバリートレーニングで改善しました。

 

 

 

 

このように、

症状と対処「トレーニング」があっていれば、

 

 

 

 

1カ月後には、

必ず改善の傾向が見えます。

 

 

 

 

本当に手術を受けるのは、

1カ月の関節リカバリートレーニングを

続けてみた後でも遅くはないでしょう。

 

 

 

 

変形性膝関節症、変形性股関節症、

脊柱管狭窄症、ヘルニアなど、

 

 

 

 

手術を勧められるケースも同様で、

まず1カ月トレーニングを試してからでも遅くはありません。

 

 

 

 

ただし、注意が必要なのは、

ヘルニア、脊柱管狭窄症の症状痺れが酷い場合は、

おしっこが出にくくなることもあります。

 

 

 

 

その場合は、命に関わりますので、

一般的には「即手術」となります。

 

 

 

 

この他、

術後のリハビリとしては有効ですが、

骨折自体は関節リカバリートレーニングでは改善しません。

 

 

 

 

また、大腿骨骨頭壊死も

関節リカバリートレーニングでは改善しません。

術後のリハビリには有効です。

 

 

 

 

癌により骨折のリスクがある方、

心臓疾患により運動ができない方は対応できません。

 

 

 

 

最終的には、

自分の体のことは自分で責任を持つ。

 

 

 

 

医者やトレーナーに騙された~!

と後悔しないためにも、

 

 

 

 

信頼できそうな専門家に相談し、

自己責任のもと判断するという心構えが大切だと思います。

 

 

 

 

自分の体を一番大切にできるのは自分。

コントロールできるのも自分だけ。

 

 

 

 

これは余談ですが、、、

 

 

 

 

大腿骨骨頭壊死や骨折は、

加圧トレーニングで改善された例が報告されています。

 

PDFダウンロードします

↓↓↓

筋肉と筋力増強訓練―加圧トレーニング

 

 

 

 

 

 

私は医療従事者の国家資格は

持っていないので、

 

 

 

 

加圧ジャパンの規定により、

加圧トレーニングを治療に使うことはできません。

 

 

 

 

気になる方は、

大腿骨骨頭壊死、加圧トレーニング、地域名などで

検索してみてください。

 

 

 

 

整形外科や整骨院で治療実績があり、

対応が可能なところが見つかると思います。

 

 

 

 

 

 

LINEによる相談・お問い合わせはこちらから

 
 
①お名前②年齢
③症状・トレーニングの目的
 

 

以上を記入していただき、
ご相談ください。

 

 

 

友だち追加

ID検索 : @213ghjre

 

 

タグ :      

よくある質問