福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎の原因と解消方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎の原因と解消方法について」

 

についてです。

 

 

 

膝の外側が痛みについて

 

 

膝の外側が痛む場合、

腸脛靭帯炎と考えられることが多いです。

 

 

 

 

別名ランナー膝とも言われ、

長時間走る人に多いようです。

 

 

 

 

 

 

なぜ、膝の外側が痛くなるのか?

 

 

 

 

膝の外側には

大筋膜張筋という筋肉があり、

膝関節付近は腸脛靭帯という靭帯になっています。

 

 

 

 

大筋膜張筋が緊張して硬くなると

膝の外側に負担がかかり痛みが出ます。

 

 

 

 

痛みが出やすい場所は2か所で、

赤まるで囲んでいる箇所で、

 

 

 

 

腸脛靭帯がついているところと、

大筋膜張筋が緊張して硬くなると、腸脛靭帯が擦れてしまうところです。

 

 

 

 

膝の外側の痛みを解消する方法

 

 

一般的には、

硬くなった脚の外側、大筋膜張筋のストレッチを進められることが多いです。

 

 

 

 

でも、、、

 

なぜ、外側の筋肉が

頑張りすぎて硬くなるのかというと、

 

 

 

 

膝の内側の筋肉、

内側ハムストリングスが弱くなっているからで、

 

 

 

 

内側の働きをカバーするために

外側が過剰に働いているためです。

 

 

 

 

だから、

膝の外側の痛みを解消するためには、

膝の内側、内側ハムストリングスを鍛えていきます。

 

 

 

 

すると、、、

 

外側の筋肉が緩むので、

楽にストレッチができるし、痛みも軽減しますよ。

 

 

 

 

また、

偏平足の人はつま先が外に向きやすく、

脛が外側に捻じれやすいので、膝の外側に痛みが出やすくなります。

 

 

 

 

場合によっては、

足首のトレーニングも必要になります。

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

膝の痛みを悪化させてしまう動きについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みを悪化させてしまう動きについて」

 

についてです。

 

 

 

膝は基本的に屈伸しかしない

 

 

 

 

膝はその構造上、

曲げたり、伸ばしたりすることしかできません。

 

 

 

 

真横に曲げたり、

膝関節自体を捻ることはできない構造になっています。

 

 

 

 

構造上は曲げ伸ばししか

できないのですが、

 

 

 

 

膝につながっている

筋肉の働きが偏ると、、、

 

 

 

 

内側や外側に

捻じれやすくなる動きや姿勢が生まれて、

 

膝関節に大きな負担になります。

 

 

 

 

膝に負担がかかる動き:正座

 

 

 

 

正座は膝に一番負担がかかる姿勢です。

 

 

 

 

膝関節の正常な屈曲角度は

140度と言われていますが、

正座をした時の屈曲角度は160度にもなります。

 

 

 

 

膝が痛いときには、

正座は痛みを悪化させてしまうのでNGです。

 

 

 

膝に負担がかかる動き:脚を組むクセ

 

 

 

 

 

膝は曲げた状態だと、

捻じれやすくなるので、

 

 

 

 

脚を組むのは、

膝の痛みが悪化しやすくなるクセです。

 

 

 

膝に負担がかかる動き:横座り

 

 

横座り:別名 お姉さん座り

 

この座り方は、

女性に多いと思います。

 

 

 

 

私は、

横座りはしないですが、

横座りのように膝を捻りながら起き上がるクセがあります。

 

→ よくないですね

 

 

 

 

横座りは、

膝が内側に向いて、足首が外を向きます。

 

 

 

 

これは膝本来の動きとは

異なる動きとなり、膝の内側の靭帯が伸びやすくなります。

 

 

 

 

これも膝に負担がかかるクセです。

 

 

 

 

骨盤も歪みやすくなり、

背骨も曲がりやすくなるので、

 

横座りのクセは改めましょう。

 

 

 

 

対策としては、

自分のクセを知り、改めること。

 

 

 

 

そして、

意外に思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

足首をケアして、

柔らかくすることです。

 

 

 

 

足首が硬くなると、

しゃがむ動きがしにくくなります。

 

 

 

 

しゃがむためには、

膝をより曲げるしかなく、

 

 

 

 

階段を降りる時も

より膝を曲げて降りるしかないので、

膝に負担がかかります。

 

 

 

 

私も先日、

犬の散歩で滑って転んで捻挫しました。

 

 

 

 

足首が曲がりにくいので、

階段が降りにくいです( ;∀;)

 

 

 

 

クセを見直し、足首をケアします!

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣」

 

についてです。

 

 

 

膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣

 

 

一般的には

体に良いとされることで、

膝の痛みを悪化させてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

それは、

ウォーキングやランニングです。

 

 

 

 

筋肉をつけようと思って、

ウォーキングを始める方って多いのですが、

 

 

 

 

膝に痛みがある時には、

しない方がいいです。

 

 

 

 

膝に痛みがあるときは、

膝の内側の筋肉が弱くなっていたり、

 

 

 

 

O脚やX脚のように

膝が捻じれている状態です。

 

 

 

 

膝が捻じれて

歪んでいる状態で動くと、

 

 

 

 

その歪みや捻じれを強化しているのと同じです。

 

 

 

 

家だって、

柱がしっかりしていない時に、

地震で強い衝撃を受けたら壊れますよね。

 

 

 

 

ウォーキングやランニングは

とても良い運動だと思いますが、

 

 

 

 

膝に痛みがあるときは、

弱くなっている筋肉をしっかり働かせて、

 

 

 

 

膝関節を整えてから、

ウォーキングを始めるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

膝が痛いときのスクワットはNG!

 

 

スクワットは脚だけではなく、

体幹やお尻、背中も鍛えることができる

とても優秀なトレーニングメニューです。

 

 

 

 

 

スクワットは

体重を支えるような動きで、

様々な筋肉が働くトレーニングですが、

 

 

 

 

膝が痛いときには、

膝の内側の筋肉が弱くなっていることが多く、

 

 

 

 

スクワットをしても、

使いやすい筋肉ばかりが働いてしまい、

膝への負担が増えてしまいます。

 

 

 

 

膝の痛みが解消して、

さらに動きを速く、強くするために、

スクワットを行うのはいいのですが、

 

 

 

 

まずは、

弱くなっている筋肉を働かせ、

膝の痛みを解消しましょう。

 

 

 

膝の痛みを伴うストレッチはNG!

 

 

膝痛解消のストレッチとは、

腿の前の筋肉を伸ばすことが多いです。

 

 

 

 

この時、

腿の前の筋肉が伸びていて

気持ちが良いくらいの痛みならOKです。

 

 

 

 

でも、

筋肉ではなく、

 

 

 

 

膝の関節自体に

痛みを感じるようであれば、

そのストレッチはしないでください。

 

 

 

 

膝が痛いときとは、

膝が捻じれていたり、歪んでいて、

 

 

 

 

膝がズレるような

動きの時に痛みがでます。

 

 

 

 

ストレッチをしている時に、

膝関節自体に痛みが出ているのであれば、

 

 

 

 

膝に負担がかかっているので、

そのストレッチはやめておきましょう。

 

 

 

 

世の中には

多くの健康・栄養・トレーニング情報があふれています。

 

 

 

 

確かに間違いではないけど、

それは、今のあなたには合っていない方法かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

膝の内側の痛み、鵞足炎の原因と解消する方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の内側の痛み、鵞足炎の原因と解消する方法ついて」

 

についてです。

 

 

 

鵞足炎(がそくえん)とは?

 

 

鵞足(がそく)とは、

膝下から5センチほど下の脛の内側で、

縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉がくっついている場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝下の膝の内側付近が痛い人は、

この鵞足という場所に炎症があり、痛みが出ていることが多いです。

 

 

 

 

膝の内側、鵞足に痛みが出る原因

 

 

鵞足部分に付着している

半腱様筋は硬くなりやすい筋肉です。

 

 

 

 

半腱様筋とは、

ハムストリングス、

腿の裏側の筋肉ですね。

 

 

 

 

前屈しにくいとか、

猫背でガニ股歩きのクセ、

骨盤が後傾していて姿勢が悪い人は、

 

 

 

 

腿の裏側が硬くなっています!!

 

 

 

 

 

 

半腱様筋が硬くなると、

膝を伸ばそうとしても膝が伸びにくくなり、膝を捻じる強いストレスになります。

 

 

 

 

酷くなると、

膝はさらに伸びにくくなり、ガニ股になり、

 

 

 

 

そのまま放置すると、

 

O脚→半月板にまで損傷し、

変形性膝関節症になるリスクが大幅にアップしてしまうことに…

 

 

 

 

膝の内側の痛み、鵞足炎を解消する方法

 

 

膝の内側の痛み、

鵞足炎を解消するためには、

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋を

緩めてあげることがポイントになります。

 

 

 

 

ここでストレッチしたくなるのですが、

腿の裏側が本当に硬い人に、いきなりストレッチはかなり痛いです。

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋が硬い人は、

内転筋という筋肉が弱くなっています。

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋は、

内転筋がサボっていたので、

その働きを補うために頑張りすぎていたんですね。

 

 

 

 

だから、

 

まず、内転筋が働くようにトレーニングします。

 

 

 

 

すると、

腿の裏側、半腱様筋は、柔らかくなりますよ。

 

 

 

 

内転筋トレーニングしてから、

ストレッチをしてあげると非常に効果的です。

 

 

 

 

ここまで整えることができたら、、、

 

 

姿勢や歩き方を意識すると、

さらに効果的ですが、

 

 

 

 

さらに言うと、、、

 

 

さほど意識しなくても、

すでに姿勢や歩き方は変わり始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

O脚を改善させて、変形性膝関節症を予防しよう!!

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「O脚を改善させて、変形性膝関節症を予防しよう!!」

 

についてです。

 

 

 

変形性膝関節症とは?

 

変形性膝関節症は、

 

 

膝関節の軟骨や半月板が

徐々に損耗していくことで、

ゆっくりと時間をかけて進行していきます。

 

病気は、

初期、中期、末期の三つの病期で進行していきます。

 

 

 

 

初期は、

軟骨のすり減り少なく、

膝関節の変形も少ないですが、

 

 

 

 

滑膜が炎症を起こしていて、

強い痛みが出やすいです。

 

 

 

 

中期は、

関節の変形が始まり、

痛みは慢性化し、日常的な動きが辛くなってきます。

 

 

 

 

末期は、

軟骨がほとんどすり減り、

骨と骨がぶつかっています。

 

 

 

 

歩く・座る・立つといった

日常の動作に支障をきたすようになります。

 

 

 

 

いきなり、

 

はい!!

今日からあなたは変形性膝関節症です

 

 

 

 

というわけではないので、

予防や対策をしていきましょう。

 

 

 

どんな人が変形性膝関節症になるのか?

 

変形性膝関節症の方に目立つのが、O脚の人です。

O脚の人は、

太ももの骨と脛の骨の末端が

内側によって負荷がかかっている状態です。

 

 

 

 

O脚の状態で、

体を使い続けると、

 

 

 

 

軟骨や半月板の内側が

すり減りやすく、膝の内側に痛みが出やすいです。

 

 

 

 

ということは、

 

O脚を改善させると、

変形性膝関節症の予防にもなると言えますね。

 

 

 

 

O脚では、

ミニスカートやスキニーを着こなせないと、

 

 

 

 

見た目を気にする方もいますが、

O脚改善は、将来の膝痛予防になります。

 

 

 

なぜ、O脚になるのか?

 

 

O脚は、

股関節から膝までに関しては、

 

 

 

 

骨盤、股関節から膝までを支える

内転筋という筋肉がサボっていると、

 

 

 

 

その働きを補うために、、、

 

 

 

 

太ももの外側の筋肉、

背骨から股関節までの筋肉が

頑張ることになり、硬くなります。

 

 

 

 

その結果、

骨盤から膝までがO脚になります。

 

 

 

 

膝から、足首までを支える筋肉、

腓骨筋がサボルと、、

 

 

 

 

脛の内側が硬くなり、

内側を向いて、膝下がO脚になります。

 

 

 

 

内転筋と腓骨筋という筋肉を

しっかり働かせてあげると、膝が前を向きO脚が改善します。

 

 

 

 

もちろん、

予防するのが一番いいのですが、

 

 

 

 

気が付けば長年O脚で、

すでに膝が痛いというあなたでも、

 

 

 

 

この筋肉を鍛えることで、

膝の関節が正しく働くようになります。

 

 

 

 

また、すでに

人工膝関節の手術をした方で、

病院でのリハビリが終わった方でも、

 

 

 

 

術後の筋肉のこわばりを解消するため、

一生自分の脚で歩くためには、運動やトレーニングが必要です。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

O脚を改善し、

 

 

いくつになっても

ダイナミックに動ける体になりませんか?

 

 

あなたの「やりたいこと」を楽しめる体を手にいれませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディメイク 膝の痛み

X脚を改善させて、将来の膝痛を予防しよう!!

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「X脚を改善させて、膝痛を予防しよう!!」

 

についてです。

 

 

 

X脚とは?

 

赤い矢印のところ、

膝の外側の角度が170度以下の場合、X脚と言います。

 

 

 

 

両足を揃えて立ったとき、

膝はくっつくのに、くるぶしは離れている状態です。

 

 

 

 

子供の時は、

2歳頃までO脚傾向が多く、

3~4歳はX脚傾向になることが多いです。

 

 

 

 

その後、ほとんどは、

小学生高学年から中学生ぐらいに

自然と正常な角度に矯正されていきます。

 

→これは自然な成長過程なので、安心してください。

 

 

 

 

もし、

病的なものか気になる場合は、

整形外科で検査してもらいましょう。

 

 

 

 

X脚を放置するとどうなる?

 

 

大人のあなたは、

 

あれ、私はX脚かも…。

とふいに気がついたのではないでしょうか?

 

 

 

 

生まれ持った特徴

であることもありますが、

 

 

 

 

筋力低下や日々の体の使い方が原因で、

X脚傾向が強くなっています。

 

→ということは、

改善の可能性も大きいと言えますね!

 

 

 

 

X脚の場合、

その見た目で悩んでいる方も多いと思いますが、

 

 

 

 

本当に怖いのは、

X脚の将来です。

 

 

 

 

X脚とは、

膝が内側を向いていて、

膝が捻じれている状態です。

 

 

 

 

捻じれた状態で、

日々を過ごすということは、

 

 

 

 

膝に負担がかかるということで、

将来、膝が痛くなるリスクも高まります。

 

 

 

痛みに苦しみ、

手術が必要になるかもしれません。

 

 

 

 

そうなる前に、

手を打ったほうがいいと思いませんか?

 

 

 

X脚を改善させるトレーニング

 

 

実は、

X脚になっている人は、

偏平足や外反母趾になっている人が多いです。

 

 

 

 

そして、

腰が反っているタイプの方が多いです。

 

 

 

 

これらのことから、

アプローチする筋肉が見えてきます。

 

 

 

 

偏平足や外反母趾、、、

足部の筋肉も関係していますし、

 

 

 

 

反り腰、、、

股関節まわりや脚の筋肉にも関係しています。

 

 

 

 

X脚の原因となっている

筋肉を働かせてあげると、

 

 

 

 

膝が正面を向きやすくなり、

脚は真っ直ぐキレイになっていきます。

 

 

 

 

見た目がよくなることはもちろん、

将来の膝痛のリスクも軽減しますし、

 

 

 

 

膝関節が整うことで、

安定感が増すので、

 

 

 

 

片足で行うエクササイズや

スポーツスキルも上達しますよ。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

X脚を改善し、

 

 

いくつになっても

ダイナミックに動ける体になりませんか?

 

 

あなたの「やりたいこと」に挑戦しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

ボディメイク 膝の痛み

膝の痛みが起こるメカニズムについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みが起こるメカニズムについて」

 

についてです。

 

 

 

大腿四頭筋のトレーニングは「まだ」するな!!

 

 

膝が痛いと言うと、

膝の筋肉が弱くなっていると考えられるので、

 

 

 

 

膝のまわりの筋肉、

大腿四頭筋、腿の前側の筋肉を鍛えるために、

 

 

 

 

レッグエクステンションをすることがあります。

 

 

 

 

 

でも、、、

 

膝に痛みを感じているのなら、

「まだ」腿の前側の筋肉は鍛えないでください。

 

 

 

膝の痛みが起こるメカニズムについて

 

 

膝が痛くなる根本的な原因として、

膝まわりの筋肉が弱くなっている、働いていないということが考えられます。

 

 

 

 

そこで、

レッグエクステンションなどで、

腿の前側の筋肉を鍛えるように進められることがよくあります。

 

 

 

 

が、、、

 

 

 

 

腿の前側の筋肉を鍛えても

あまり改善を感じられないか、

悪化してしまった人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

その理由は、

膝が痛くなる原因は、

 

 

 

 

腿の前側の筋肉というよりも

内側の筋肉が弱くなってサボっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝、腿の内側の筋肉とは、

内転筋群と内側ハムストリングスという筋肉です。

 

 

 

 

これらの内側の筋肉は、

弱くなりやすく、サボリがちです。

 

 

 

 

内側の筋肉がサボっていると、

 

 

 

 

その働きを補うために、

腿の前や横の筋肉が硬くなります。

 

 

 

 

膝のまわりの筋肉を整え、

働きやすくして強くするためには、

 

 

 

 

サボリがちな筋肉

=サボリ筋を鍛えて、

 

 

 

 

頑張りすぎて硬くなった筋肉

=ガンバリ筋を緩める必要があります。

 

 

 

 

しかし、膝を伸ばす動き、

レッグエクステンションでは、

弱くなった内側の筋肉は働きにくい上に

 

 

 

 

頑張りすぎて硬くなった

筋肉のばかりが働きやすくなるので、

 

 

 

 

改善しないだけでなく、

痛みが悪化してしまうことが多いのです。

 

 

 

 

膝関節を守る筋肉を鍛えて、

正しく働かせるためには、

 

 

 

 

まず、弱くなったサボリ筋だけを働かせます

 

 

 

 

膝の関節を整えていくには、

鍛えていく順番がとても重要です。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

 

いくつになっても

ダイナミックに動き、

 

あなたの「やりたいこと」に挑戦しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

初心者フラメンコダンサーの憂鬱「膝が痛い」

 


福岡 関節リカバリー専門パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

初心者フラメンコダンサーの憂鬱「膝が痛い」

についてです。

 

 

「フラメンコめちゃ楽しいです」

 

「でも、膝が痛くなるんです」

 

 

 

 

そうおっしゃたのは、

最近フラメンコを始めたばかりのお客様。

 

 

 

 

フラメンコに限らず、

ダンスをされる方は膝に負担がかかることが多いと思います。

 

 

 

 

と言うのも膝という関節は、

ひねる動きに対応している関節ではないんです。

 

 

 

 

膝の本来の動きは、

曲げるか伸ばすだけ。

 

 

 

 

だから、膝をひねると

負担がかかって痛みが出る原因になります。

 

 

 

 

O脚やX脚で膝がねじれている人が

ダンスをすると、、、

 

 

 

 

痛みが出てしまうかも。

 

 

 

 

ダンスの動きは、

つま先を外に向けたり、内に向けたり、回ったり、

 

 

 

 

例えば、

つま先を外に向ける時に、

 

 

股関節 →膝 →つま先 と、

 

 

 

 

全てを外に向けられれば、

膝には負担がかかりませんが、

 

 

 

 

股関節や足首の動きが悪い

どうしても膝がついていけずに『ねじれて』しまいます。

 

 

 

 

フラメンコに限っては、

床をカツカツするから、それも一因かもしれません。

 

 

 

 

 

フラメンコを始めたばかりで、

膝の痛みが出てしまったお客様は、

ややX脚でした。

 

 

 

 

足首や股関節にも

動きが悪いところがあったので調整して、

膝を守る筋肉をトレーニングしました。

 

 

 

 

すると、、、

 

 

 

痛みが出なくなったし、

つま先を外に向ける時、

お尻の奥から外に向いている気がしますとのこと。

 

 

 

 

今では、膝の痛みがあったことさえ

忘れているそうです。

 

 

 

 

今回は膝以外の調整、

トレーニングも行いましたが、

 

 

 

 

膝の痛みを改善するのに一番必要なのは、

膝を守る筋肉を鍛えることです。

 

 

 

 

膝を守る筋肉とは、

内側ハムストリングスと内転筋という筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングメニューとしては、

たったの2つです。

 

 

 

 

股関節や足首まで調整するとしても、

合計6種類のメニューです。

 

 

 

 

 

膝の痛み

太っていると、膝・関節が痛くなるのは本当なのか?

 


福岡 関節リカバリー専門パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

太っていると、膝・関節が痛くなるのは本当なのか?

についてです。

 

 

先日、1年間で30キロ以上体重が減ってしまった方の

お体を施術させていただく機会がありました。

 

 

 

 

この方は、ダイエットして痩せたわけではなく、

闘病されて痩せてしまったのですが、

 

 

 

 

110キロ体重があったころは、

どこも痛くなかったのに、、、

 

 

 

 

痩せたら肩は凝るし、腰は痛いし、

いろいろなところが痛くなりました。

とおっしゃっていました。

 

 

 

 

確かに、、、

肩も腰もカチカチ!!!

 

 

 

 

 

 

 

110キロもあった頃は痛くなかったのに、

今は病気も克服して、体はスリムなのに関節痛。

 

 

 

 

実は、このようなことは、

よくあることです。

 

 

 

 

太っていても

どこも痛くない人は意外と多く、

 

 

 

 

痩せていても

首・肩・腰・膝が痛い人は多いです。

 

 

 

 

でも、膝が痛くなって病院に行くと、

ほぼ必ず「体重を落としましょう」と言われてしまいます。

 

 

 

 

 

体験トレーニングでも、

医者に体重を落とせと言われたので、

とお伺いすることは多いです。

 

 

 

 

でも、これって、

本当に、本当なのか???

 

 

 

 

私自身、人生で一番太っていた時期に

膝が痛くなりましたが、、、

 

 

 

 

太ったままでも、

痛みはなくなりました。

 

 

 

 

少なくとも、

体重が重いから膝が痛い。

 

 

 

 

というのは、、、

 

 

 

 

私は、

あまり関係ないと考えています。

 

 

 

 

膝が痛くなる原因は、、、

 

 

 

 

内側ハムストリングス

内転筋という筋肉が弱くなっており、

膝を守ることができないからです。

 

 

 

 

この2つの筋肉を集中的に働かせ鍛えることで、

膝の痛みは改善します。

 

 

 

 

 

 

内側ハムストリングス=半腱様筋と半膜様筋

 

 

太って体重が重いから、

ではなく、

 

 

 

 

太っていても、

内側ハムストリングスと内転筋が

しっかり働いていたら、

 

 

 

 

膝は痛くなりません!!

 

 

 

 

運動や食事で体重を適正に減らすということは、

健康のためにもいいことです。

 

 

 

 

だけど、

もし膝やその他の関節に痛みがあって

運動をしながらダイエットを考えているなら、

 

 

 

 

関節の痛みをトレーニングで正しくケアしつつ、

計画をすすめるべきです。

 

 

 

 

痛みが悪化すれば、

運動やトレーニングを続けることは難しくなるし、

動かなくなるともっと太ります。

 

 

 

 

正しく運動やトレーニングを続けるって、

以外と難しいもの。

 

 

 

 

単純に運動やトレーニングが体にいいものなら、

トップアスリートが一番健康なはずですが、

 

 

 

 

現役のアスリートの体はケガが多く、

引退した元アスリートの体はボロボロ。

 

 

 

 

関節を守るトレーニングは、

すべてのパフォーマンスアップを目指す方に

必要なトレーニングだと思っています。

 

 

 

 

軽いウォーキングの前にさえ、

やるのとやらないのでは大きく違いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問 膝の痛み

なぜ、マッサージや整骨院・整形外科で関節痛が改善しないのか?

 


福岡 関節リカバリー専門パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

マッサージや整骨院・整形外科で関節痛が改善しない理由

についてです。

 

 

マッサージは気持ちいいですよね。

 

 

 

 

お気に入りのセラピストや整体師さんから

凝り固まった筋肉をほぐしてもらうと、

 

 

 

 

とてもリラックスできますし、

痛みもやわらいで楽になります。

 

 

 

 

 

 

リラックスや気分転換ができて、

一時的に楽になるのが目的ならマッサージはとても有効ですね。

 

 

 

 

でも、疲れやすい体や痛みを

根本的に改善していきたいなら、、、

 

 

 

 

マッサージは必要ない!!!

というのが私の結論です。

 

 

 

 

 

 

また、整骨院や整形外科に通っても、

関節の痛みが改善されないという話をお伺いすることも多いです。

 

 

 

 

なぜ、マッサージや整骨院・整形外科で、

関節の痛みが改善しないのかについて説明します。

 

 

 

 

整形外科では、

レントゲンで症状の診断を行い、

 

 

 

 

注射で処置されたり、

湿布や薬が処方されます。

 

 

 

 

また、手術や安静を進められたり、

筋肉を鍛えましょうと言われたりします。

 

 

 

 

炎症が酷い場合は、

薬や湿布が一時的に助けになることもありますが、

 

 

 

 

薬で炎症を抑えても、

根本的な原因を改善するわけではないので、

結局、痛みを繰り返すことになり、

 

 

 

 

ずっと痛いもんね。

治らないよ、、、

 

→ 悪化することも多いですし、

 

 

 

 

と思い込んで、

諦めてしまうことも少なくありません。

 

 

 

 

また、安静にしたあと、

痛みがおさまって動きだすと、

すぐに痛みを繰り返してしまうこともあります。

 

 

 

 

すると、、、

筋力が落ちているので、

今度は筋肉を鍛えましょうと言われる。

 

 

 

 

安静にって言ったじゃーーーん

なんなのさ( ;∀;)

 

 

 

 

結局、どうしたらいいの?

と、さ迷うことになってしまいます。

 

 

 

 

このほかにも、

整骨院や治療院で、

 

 

 

 

筋膜リリース、針治療、電気治療、

様々な方法を試したけど、

 

 

 

 

効果は1週間だけ、、、

という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

これらの方法が

効果がないわけではないのですが、

 

 

 

 

これらの方法は、

関節痛の根本的原因として、

筋力低下が潜んでいる。

 

 

 

 

という事実を改善するものではないです。

だから、もって1週間。

 

 

 

 

1週間もてば、

いい方ですよね。

 

 

 

 

関節が痛いということは、

必ず筋力低下があるので、

 

 

 

 

弱くなっている筋肉を特定し、

集中的に鍛えれば、関節痛は改善します。

 

 

 

 

必要な筋肉がつけば、、、

1週間どころか、3か月後には、

痛みがあったことも忘れることでしょう。

 

 

 

 

これは余談ですが、、、

 

 

 

私はマッサージやストレッチを

多くのお客様に提供してきました。

 

 

 

 

そして、理解するのです。

なぜ、改善しないのか。

 

 

 

 

整骨院や整形外科でも、

トレーニングに力を入れているところはあります。

 

 

 

 

炎症や痛みに対処するだけでは、

根本的に改善しないと気がついている専門家は、

トレーニングを取り入れています。

 

 

 

 

あなたの関節痛改善に、

まず1カ月だけトレーニングをしてみませんか?

 

 

 

 

諦めたり、手術するのは、

それからでも遅くないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :     

手首の痛み 指の痛み 肘痛 股関節痛 肩こり 腰痛 膝の痛み 足部の痛み