福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

五十肩に対する関節トレーニングについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「五十肩に対する関節トレーニングについて」

 

についてです。

 

 

 

五十肩、肩関節周囲炎の原因について

 

 

 

私も50歳を目前にして、

友人、知人が50肩に悩むことが多くなったような気がします。

 

 

 

 

いや、

40歳でも悩んでいる方は多いかな…(-_-;)

 

 

 

 

肩は関節の中が

スライドするように動くのですが、

 

 

 

 

この動きがスムーズの行われないと、

骨がぶつかるような動きになってしまい痛みがでます。

 

 

 

 

なぜ、動きが悪くなるかというと、

肩甲下筋という肩のインナーマッスルと

 

 

 

 

腕の裏側の筋肉、

上腕三頭筋という筋肉が機能していないことが多いです。

 

 

 

 

五十肩になると、

腕を上げるとズキズキして、

徐々に腕を後ろに組めなくなっていきます。

 

 

 

 

 

悪化すると、

夜間痛といって、

 

 

 

 

寝ている時にうずいたり、

寝返りできないくらい痛み、

 

 

 

 

痛みがおさまっても、

拘縮といって肩がカチコチに固まってしまうと、腕が上がらなくなったりもします。

 

 

 

 

五十肩の関節リカバリートレーニング

 

 

前提として、

 

五十肩は酷くならないうちに

早めにしっかり動かして、改善させていくことが大切です。

 

 

 

 

炎症あり、痛みが強いときは、

肩の運動や施術は積極的にはできないので、

 

 

 

 

まず、指や手首から

しっかり動かすことから始めます。

 

 

 

 

そんなことで、

本当に肩が良くなっていくの?

と思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

動かせる範囲の軽めの

関節を守るトレーニングでも、

 

 

 

 

その場で痛みが

取れるというようりは、

 

 

 

 

翌日調子がいいといった感じで、

徐々に回復していきますよ。

 

 

 

 

炎症がおさまってきたら、

肩が固まってしまわないように施術&トレーニングを行います。

 

 

 

 

固まった肩を動かすには、

少々痛みも伴いますが、

 

 

 

 

肩の痛みがなくなり、

自由に動くようになったら、

人生が変わったと言われた方もいます。

 

 

 

 

現在、無料体験トレーニングを実施中です。

一度、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

肩こり

肩こりの根本的原因と解消方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「肩こりの根本的原因と解消方法について」

 

についてです。

 

 

 

肩こりは国民病

 

 

国民生活基礎調査の

健康状況では、

 

 

 

 

男性では、

1位腰痛、2位肩こり、3位せきやたん

 

 

 

 

女性では、

1位肩こり、2位腰痛、3位手足の関節が痛む

 

 

 

 

と、男女ともに

肩こりに悩んでいる方は多く、

もはや国民病と言っても過言ではありませんね。

 

 

 

何年もの間、

マッサージや整体、針治療などに通い、

痛みを誤魔化すだけで、

 

 

 

 

それを当たり前、

仕方がないと諦めている人も多いと思います。

 

 

 

 

でも、

例え中学生の時から肩こりであっても、

 

 

 

 

サボっている筋肉を働かせるだけで、

簡単に改善することも多いです。

 

 

 

 

肩甲骨の動きをよくすると肩こりは解消する

 

 

肩こりの人は

感じていると思いますが、

 

 

 

 

肩甲骨まわりが痛い、

何とかしたい…と。

 

 

 

 

この直感は正解です。

 

 

 

 

肩甲骨を守る2つの筋肉を

働かせてあげると、肩や首の筋肉は緩みます。

 

 

 

 

 

 

肩甲骨を守る2つの筋肉とは、

菱形筋と前鋸筋です。

 

 

 

 

肩甲骨から背骨についている

菱形筋が弱くなると、

 

 

 

 

肩甲骨を背中の中心に寄せたり、

上げたりする力が衰え、

 

 

 

 

その働きをカバーするために

肩甲挙筋がガンバリすぎて、首や肩が痛くなります。

 

 

 

 

一方、前鋸筋が弱くなると、

肩甲骨が外側に引っ張られやすいので、

 

 

 

 

菱形筋が硬くなり肩がこります。

また、首も凝ります。

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングでは、

肩や首が凝っている場合は、

 

 

 

 

菱形筋と前鋸筋をトレーニングして、

肩甲骨の動きを取り戻すことから始めます。

 

 

 

その肩こり・首コリには注意が必要!!かも

 

 

肩こり・首コリの根本的原因は、

肩甲骨まわりの筋力低下であることが多いのですが、

 

 

 

 

筋肉には関係のないことが

根本的原因、要因になっていることもあります。

 

 

 

 

例えば、

肺がんなどの悪性腫瘍、

感染や関節リウマチによる炎症。

急激な外傷、精神的ストレス。

 

 

 

 

トレーニングよりも病院で

適切な処置が必要なこともあります。

 

 

 

 

また、

肩甲骨と肩関節は一緒に働くので、

肩関節に関係している筋肉が原因であることもあり、

 

 

 

 

肩甲骨と肩関節まわりを

一緒にトレーニングしてあげるとより効果的です。

 

 

 

 

実際、どんなトレーニングをするんですか?

と思われていると思うので、セルフケアの動画を作成中です。

 

 

 

 

興味のある方には

プレゼントさせていただく予定です。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

私はズボラ人間なので、

作成には少々時間がかかるかもしれませんが、

 

 

 

 

ご要望が多ければ、

急いで作ってしまうかもしれません(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

肩こり 首こり

間違うとヤバイ!!鍛えるべき弱い筋肉と緩めるべき弱い筋肉

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「間違うとヤバイ!!鍛えるべき弱い筋肉と緩めるべき弱い筋肉」

 

についてです。

 

 

 

関節を正しく働かせる方法

 

 

筋肉のバランスをよくして、

関節の動きを正しく働かせる場合、

 

 

 

 

弱くなった関節を守る筋肉に力をいれると、

 

 

頑張りすぎて硬くなった筋肉は緩みます。

 

 

 

 

筋肉のバランスを整えると姿勢はよくなる

 

 

 

硬くなった筋肉には

ストレッチ、

 

 

 

 

弱くなった筋肉には、

トレーニング、

 

 

 

 

基本はこれで正解です。

 

 

 

 

問題は、

弱くなった筋肉には2パターンあって、

 

 

 

 

ひとつは鍛えるべきで、

ひとつは緩めるべきで、

 

 

 

 

その見極めを間違うと、

痛みの症状が悪化してしまう可能性があります。

 

 

 

 

弱くなった筋肉には2つのパターンがある

 

 

弱くなった筋肉=

 

筋肉が力を発揮できない状況には

2つの状態が考えられます。

 

 

 

 

ひとつは、

本当に筋肉がなくて、

筋力も弱い。

 

 

 

 

もうひとつは、

筋肉はあり、筋力もあるんだけど、

 

 

 

 

疲れて硬くなっていて、

力を発揮できなくなっているパターン。

 

 

 

 

この2つの状況は、

当然、対処する方法も逆になります。

 

 

 

 

筋肉もなくて

筋力もない筋肉にはトレーニングだし、

 

 

 

 

緊張して硬くなり、

筋力を発揮できないのなら、

ストレッチなどで緩めるアプローチが必要になります。

 

 

 

 

この見極めを間違えて

アプローチすると症状は悪化してしまいます。

 

 

 

 

 

間違うとヤバイ!!

ですよね。

 

 

 

 

この見極め、

自分でセルフケアをする時には注意が必要です。

 

 

 

 

なので、

パーソナルトレーニングでは

その辺りも間違えないように教えていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

肩こり 腰痛

正しい姿勢を作れば肩こり・腰痛は良くなるのウソ

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「正しい姿勢を作れば肩こり・腰痛は良くなるのウソ」

 

についてです。

 

 

 

肩こり・腰痛の原因は何?

 

 

肩や腰の筋肉が

凝ったり疲れたりするのは、

いつも同じ筋肉ばかりを使っているからです。

 

 

 

 

 

関節を守る筋肉が

弱っていてバランスが崩れていると

 

 

 

 

人は使いやすい筋肉ばかりを使うので、

いつも同じところが疲れていきます。

 

 

 

 

知らず、知らずに

偏った筋肉の使い方をしてしまうんですね。

 

 

 

筋肉のバランスが崩れている状態とは?

 

 

例えば、

腰を守る筋肉は、

 

 

 

 

腰の前側の「腸腰筋」

背中側の「多裂筋」です。

 

 

 

 

腰が丸まっている人は、

腰の前側の腸腰筋がガンバリ過ぎていて硬くなっています。

 

 

 

 

逆に腰が反っている人は、

腰の後ろ側の多裂筋がガンバリ過ぎていて硬くなっています。

 

 

 

 

いわゆる、

腰が丸まった「猫背」

腰が反った「反り腰」の姿勢ですね。

 

 

 

 

じゃあ、

胸を張って、骨盤を立てて正しい姿勢を作れば、

 

 

 

 

「肩こり・腰痛はよくなるんじゃない?」

と思いますよね?

 

 

 

これは感覚ですが、

 

無理に正しい姿勢を作って、

肩こり・腰痛が良くなる人は20%ぐらいじゃないでしょうか。

 

 

 

 

実際に、

姿勢が良さそうに見える代表のバレリーナでも、

 

 

 

 

肩こり・腰痛と無縁ではないし、

関節の痛みに悩む人は多いです。

 

 

 

 

正しい姿勢を作れば、

肩こり・腰痛はよくなる…は、ウソです。

 

 

 

正しい姿勢を作れば肩こり・腰痛は良くなるのウソ

 

 

実はこれ、

順番が逆なんです。

 

 

 

 

姿勢が悪いから、

いつも同じところばかりを使って

肩こり・腰痛になる…のではなく、

 

 

 

 

関節を守る筋肉が弱くなって、

バランスが崩れると姿勢が悪くなり、

 

 

 

 

いつも同じところばかりを

使ってしまうから肩こり・腰痛になってしまう。

 

 

 

 

ちょっとのことなんですが、

この事実がとても重要です。

 

 

 

 

実際に、

弱くなっている関節を守る筋肉を鍛えると、、、

 

 

 

 

胸を張ろうとか、

骨盤を立てようとか意識しなくても、

 

 

 

 

筋肉が自然とバランスよく働くので、

よい姿勢や動作につながります。

 

 

 

 

 

 

私も昔は、

よい姿勢を作りましょうねと

日頃から意識してもらうように教えていましたが、

 

 

 

 

今は、していません。

 

 

 

 

関節を守る筋肉を鍛え、

トレーニングの時に動きをインプットしてもらうだけで、

 

 

 

 

簡単に姿勢が良くなるように

なったからです。

 

 

 

 

本質に即した方法は、

効率的だと実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こり 腰痛

なぜ、マッサージや整骨院・整形外科で関節痛が改善しないのか?

 


福岡 関節リカバリー専門パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

マッサージや整骨院・整形外科で関節痛が改善しない理由

についてです。

 

 

マッサージは気持ちいいですよね。

 

 

 

 

お気に入りのセラピストや整体師さんから

凝り固まった筋肉をほぐしてもらうと、

 

 

 

 

とてもリラックスできますし、

痛みもやわらいで楽になります。

 

 

 

 

 

 

リラックスや気分転換ができて、

一時的に楽になるのが目的ならマッサージはとても有効ですね。

 

 

 

 

でも、疲れやすい体や痛みを

根本的に改善していきたいなら、、、

 

 

 

 

マッサージは必要ない!!!

というのが私の結論です。

 

 

 

 

 

 

また、整骨院や整形外科に通っても、

関節の痛みが改善されないという話をお伺いすることも多いです。

 

 

 

 

なぜ、マッサージや整骨院・整形外科で、

関節の痛みが改善しないのかについて説明します。

 

 

 

 

整形外科では、

レントゲンで症状の診断を行い、

 

 

 

 

注射で処置されたり、

湿布や薬が処方されます。

 

 

 

 

また、手術や安静を進められたり、

筋肉を鍛えましょうと言われたりします。

 

 

 

 

炎症が酷い場合は、

薬や湿布が一時的に助けになることもありますが、

 

 

 

 

薬で炎症を抑えても、

根本的な原因を改善するわけではないので、

結局、痛みを繰り返すことになり、

 

 

 

 

ずっと痛いもんね。

治らないよ、、、

 

→ 悪化することも多いですし、

 

 

 

 

と思い込んで、

諦めてしまうことも少なくありません。

 

 

 

 

また、安静にしたあと、

痛みがおさまって動きだすと、

すぐに痛みを繰り返してしまうこともあります。

 

 

 

 

すると、、、

筋力が落ちているので、

今度は筋肉を鍛えましょうと言われる。

 

 

 

 

安静にって言ったじゃーーーん

なんなのさ( ;∀;)

 

 

 

 

結局、どうしたらいいの?

と、さ迷うことになってしまいます。

 

 

 

 

このほかにも、

整骨院や治療院で、

 

 

 

 

筋膜リリース、針治療、電気治療、

様々な方法を試したけど、

 

 

 

 

効果は1週間だけ、、、

という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

これらの方法が

効果がないわけではないのですが、

 

 

 

 

これらの方法は、

関節痛の根本的原因として、

筋力低下が潜んでいる。

 

 

 

 

という事実を改善するものではないです。

だから、もって1週間。

 

 

 

 

1週間もてば、

いい方ですよね。

 

 

 

 

関節が痛いということは、

必ず筋力低下があるので、

 

 

 

 

弱くなっている筋肉を特定し、

集中的に鍛えれば、関節痛は改善します。

 

 

 

 

必要な筋肉がつけば、、、

1週間どころか、3か月後には、

痛みがあったことも忘れることでしょう。

 

 

 

 

これは余談ですが、、、

 

 

 

私はマッサージやストレッチを

多くのお客様に提供してきました。

 

 

 

 

そして、理解するのです。

なぜ、改善しないのか。

 

 

 

 

整骨院や整形外科でも、

トレーニングに力を入れているところはあります。

 

 

 

 

炎症や痛みに対処するだけでは、

根本的に改善しないと気がついている専門家は、

トレーニングを取り入れています。

 

 

 

 

あなたの関節痛改善に、

まず1カ月だけトレーニングをしてみませんか?

 

 

 

 

諦めたり、手術するのは、

それからでも遅くないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :     

手首の痛み 指の痛み 肘痛 股関節痛 肩こり 腰痛 膝の痛み 足部の痛み