福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

O脚を改善させて、変形性膝関節症を予防しよう!!

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「O脚を改善させて、変形性膝関節症を予防しよう!!」

 

についてです。

 

 

 

変形性膝関節症とは?

 

変形性膝関節症は、

 

 

膝関節の軟骨や半月板が

徐々に損耗していくことで、

ゆっくりと時間をかけて進行していきます。

 

病気は、

初期、中期、末期の三つの病期で進行していきます。

 

 

 

 

初期は、

軟骨のすり減り少なく、

膝関節の変形も少ないですが、

 

 

 

 

滑膜が炎症を起こしていて、

強い痛みが出やすいです。

 

 

 

 

中期は、

関節の変形が始まり、

痛みは慢性化し、日常的な動きが辛くなってきます。

 

 

 

 

末期は、

軟骨がほとんどすり減り、

骨と骨がぶつかっています。

 

 

 

 

歩く・座る・立つといった

日常の動作に支障をきたすようになります。

 

 

 

 

いきなり、

 

はい!!

今日からあなたは変形性膝関節症です

 

 

 

 

というわけではないので、

予防や対策をしていきましょう。

 

 

 

どんな人が変形性膝関節症になるのか?

 

変形性膝関節症の方に目立つのが、O脚の人です。

O脚の人は、

太ももの骨と脛の骨の末端が

内側によって負荷がかかっている状態です。

 

 

 

 

O脚の状態で、

体を使い続けると、

 

 

 

 

軟骨や半月板の内側が

すり減りやすく、膝の内側に痛みが出やすいです。

 

 

 

 

ということは、

 

O脚を改善させると、

変形性膝関節症の予防にもなると言えますね。

 

 

 

 

O脚では、

ミニスカートやスキニーを着こなせないと、

 

 

 

 

見た目を気にする方もいますが、

O脚改善は、将来の膝痛予防になります。

 

 

 

なぜ、O脚になるのか?

 

 

O脚は、

股関節から膝までに関しては、

 

 

 

 

骨盤、股関節から膝までを支える

内転筋という筋肉がサボっていると、

 

 

 

 

その働きを補うために、、、

 

 

 

 

太ももの外側の筋肉、

背骨から股関節までの筋肉が

頑張ることになり、硬くなります。

 

 

 

 

その結果、

骨盤から膝までがO脚になります。

 

 

 

 

膝から、足首までを支える筋肉、

腓骨筋がサボルと、、

 

 

 

 

脛の内側が硬くなり、

内側を向いて、膝下がO脚になります。

 

 

 

 

内転筋と腓骨筋という筋肉を

しっかり働かせてあげると、膝が前を向きO脚が改善します。

 

 

 

 

もちろん、

予防するのが一番いいのですが、

 

 

 

 

気が付けば長年O脚で、

すでに膝が痛いというあなたでも、

 

 

 

 

この筋肉を鍛えることで、

膝の関節が正しく働くようになります。

 

 

 

 

また、すでに

人工膝関節の手術をした方で、

病院でのリハビリが終わった方でも、

 

 

 

 

術後の筋肉のこわばりを解消するため、

一生自分の脚で歩くためには、運動やトレーニングが必要です。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

O脚を改善し、

 

 

いくつになっても

ダイナミックに動ける体になりませんか?

 

 

あなたの「やりたいこと」を楽しめる体を手にいれませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディメイク 膝の痛み

X脚を改善させて、将来の膝痛を予防しよう!!

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「X脚を改善させて、膝痛を予防しよう!!」

 

についてです。

 

 

 

X脚とは?

 

赤い矢印のところ、

膝の外側の角度が170度以下の場合、X脚と言います。

 

 

 

 

両足を揃えて立ったとき、

膝はくっつくのに、くるぶしは離れている状態です。

 

 

 

 

子供の時は、

2歳頃までO脚傾向が多く、

3~4歳はX脚傾向になることが多いです。

 

 

 

 

その後、ほとんどは、

小学生高学年から中学生ぐらいに

自然と正常な角度に矯正されていきます。

 

→これは自然な成長過程なので、安心してください。

 

 

 

 

もし、

病的なものか気になる場合は、

整形外科で検査してもらいましょう。

 

 

 

 

X脚を放置するとどうなる?

 

 

大人のあなたは、

 

あれ、私はX脚かも…。

とふいに気がついたのではないでしょうか?

 

 

 

 

生まれ持った特徴

であることもありますが、

 

 

 

 

筋力低下や日々の体の使い方が原因で、

X脚傾向が強くなっています。

 

→ということは、

改善の可能性も大きいと言えますね!

 

 

 

 

X脚の場合、

その見た目で悩んでいる方も多いと思いますが、

 

 

 

 

本当に怖いのは、

X脚の将来です。

 

 

 

 

X脚とは、

膝が内側を向いていて、

膝が捻じれている状態です。

 

 

 

 

捻じれた状態で、

日々を過ごすということは、

 

 

 

 

膝に負担がかかるということで、

将来、膝が痛くなるリスクも高まります。

 

 

 

痛みに苦しみ、

手術が必要になるかもしれません。

 

 

 

 

そうなる前に、

手を打ったほうがいいと思いませんか?

 

 

 

X脚を改善させるトレーニング

 

 

実は、

X脚になっている人は、

偏平足や外反母趾になっている人が多いです。

 

 

 

 

そして、

腰が反っているタイプの方が多いです。

 

 

 

 

これらのことから、

アプローチする筋肉が見えてきます。

 

 

 

 

偏平足や外反母趾、、、

足部の筋肉も関係していますし、

 

 

 

 

反り腰、、、

股関節まわりや脚の筋肉にも関係しています。

 

 

 

 

X脚の原因となっている

筋肉を働かせてあげると、

 

 

 

 

膝が正面を向きやすくなり、

脚は真っ直ぐキレイになっていきます。

 

 

 

 

見た目がよくなることはもちろん、

将来の膝痛のリスクも軽減しますし、

 

 

 

 

膝関節が整うことで、

安定感が増すので、

 

 

 

 

片足で行うエクササイズや

スポーツスキルも上達しますよ。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

X脚を改善し、

 

 

いくつになっても

ダイナミックに動ける体になりませんか?

 

 

あなたの「やりたいこと」に挑戦しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

ボディメイク 膝の痛み

気をつけたら「姿勢」は改善するのか?

 


福岡 関節リカバリー専門パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

気をつけたら「姿勢」は改善するのか?

についてです。

 

 

猫背や反り腰の姿勢って

気になりますか???

 

 

 

 

 

姿勢が悪いと見た目も悪いし、

肩、首、腰などに負担がかかるし、

いいことはなさそうです。

 

 

 

 

じゃあ、

どうやって姿勢を改善しますか?

 

 

 

 

よく言われているのが、

日頃の体の使い方や生活習慣に

気を付けなさいってこと。

 

 

 

 

そもそも気を付けていないから、

姿勢って悪くなるのかなぁって、、、疑問。

 

 

 

 

私なりの結論から言うと、

 

 

 

 

姿勢が悪くなるのは、

筋肉が働いておらず、サボっているからで、

 

 

 

 

これって、

気を付けたからといって、

働いてくれるとも限らないです。

 

 

 

 

また、間違った方法で変に気を付けると、

痛いところが出てきたりや逆に疲れることも。

 

 

 

 

姿勢を良くしようと

胸を張ったら腰が痛くなった。

そんな経験はありませんか?

 

 

 

 

ここで、

ちょっと見て欲しい写真があります。

 

 

 

 

 

 

 

この写真は実際のお客様のものです。

 

 

左側がビフォーで、

右側が週に1回60分のトレーニングを

半年ほど続けていただいたアフター写真です。

 

 

 

 

パッと見て、

姿勢が良くなったという印象がしませんか?

 

 

 

 

胸が引き上げられ、

頭の位置が変わり、

肩の位置が揃って、

左に向いていた首も真っ直ぐに。

 

 

 

 

骨盤も正しい位置で、

お腹もスッキリ見えます。

 

 

 

 

バストアップしていますし、

ヒップアップもしています。

 

 

 

 

何よりも、

中学生の頃からツラかった肩こりが

解消したということです。

 

 

 

 

これだけの変化があるにも

かかわらず、

 

 

 

 

実は、、、

 

姿勢の指導はしていません。

本人も気を付けていません。

 

 

 

 

やったのは、、、

 

 

 

 

全身の中で、

サボりがちな12個の筋肉

しっかり働かせてあげて、

 

 

 

 

普通に過ごしてもらっただけ。

 

 

 

 

サボっている筋肉が

しっかり働いてくれれば、

 

 

 

 

普通に立ったり、

しゃがんだり、歩いたりするだけで、

筋肉のシルエットも姿勢も変わりますね。

 

 

 

 

過去には、

姿勢を気を付けるように

教えていたこともありますが、

効果はイマイチでした。

 

 

 

 

この写真の方は40代ですが、

 

50代から始めるトレーニングや

体力に自信がない方が始めるトレーニングでは、

 

 

 

 

サボって、弱くなりやすい筋肉に

働き方を教えて、鍛えてあげることで、

 

 

 

 

無理なく、効率よく、安全に、

美姿勢を手に入れることができます。

 

 

 

 

美姿勢を手に入れるためには、

姿勢を気を付けるのではなく、

 

 

 

 

全身のサボっている筋肉を

働かせてあげることから始めましょう。

 

 

 

 

実際にどうやってやるの?

というのは、

 

 

 

 

自分でできるトレーニングがあるので、

近日ご紹介していく予定です。

 

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :   

ボディメイク