福岡 パーソナルトレーニング 加圧トレーニング 整体

福岡 50代のポンコツBODY専門 パーソナルトレーニング

関節に関する手術をするタイミングについて

 


【福岡 50代のポンコツBODY専門】

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

関節に関する手術をするタイミング

についてです。

 

 

 

「手術するしかありませんね~」

 

「手術しても絶対に治るという保証はありませんけ

 

「使いすぎで痛めたわけではなさそうですし」

 

 

 

 

と言われてしまったのは、

私のパーソナルトレーニングを受けているお客様(Aさん)です。

 

 

 

 

お医者さんにこんなことを言われたら、

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

Aさんのトレーニングを担当して2年になりますが、

最初は親指のばね指に悩んでいらっしゃいました。

 

 

 

 

ばね指とは

↓↓↓

 

 

ばね指は、

指の曲げ伸ばしに動きが悪くなり、

痛みが出る疾患です。

 

 

 

 

一般的には、

更年期や出産後の女性に多く、

筋力低下やホルモンバランスとの関係があるとされています。

 

 

 

 

そんな親指のばね指に

困っていたAさんですが、

 

 

 

 

「治るか分からんのに手術なんか受けたくない」

 

 

 

 

とおっしゃいました。

そりゃ、ごもっともです。

 

 

 

 

それで、

関節リカバリートレーニングを始められたのですが、

今では「治った」と言われています。

 

 

 

 

そして、

「手術なんかしなくてよかった~」とも。

 

 

 

 

症状の程度にもよりますが、

ばね指、ヘバーデン結節の痛みを改善することは可能です。

 

 

 

 

Aさんのケースでは、

緊急を要する手術ではなかったため、

約1カ月の関節リカバリートレーニングで改善しました。

 

 

 

 

このように、

症状と対処「トレーニング」があっていれば、

 

 

 

 

1カ月後には、

必ず改善の傾向が見えます。

 

 

 

 

本当に手術を受けるのは、

1カ月の関節リカバリートレーニングを

続けてみた後でも遅くはないでしょう。

 

 

 

 

変形性膝関節症、変形性股関節症、

脊柱管狭窄症、ヘルニアなど、

 

 

 

 

手術を勧められるケースも同様で、

まず1カ月トレーニングを試してからでも遅くはありません。

 

 

 

 

ただし、注意が必要なのは、

ヘルニア、脊柱管狭窄症の症状痺れが酷い場合は、

おしっこが出にくくなることもあります。

 

 

 

 

その場合は、命に関わりますので、

一般的には「即手術」となります。

 

 

 

 

この他、

術後のリハビリとしては有効ですが、

骨折自体は関節リカバリートレーニングでは改善しません。

 

 

 

 

また、大腿骨骨頭壊死も

関節リカバリートレーニングでは改善しません。

術後のリハビリには有効です。

 

 

 

 

癌により骨折のリスクがある方、

心臓疾患により運動ができない方は対応できません。

 

 

 

 

最終的には、

自分の体のことは自分で責任を持つ。

 

 

 

 

医者やトレーナーに騙された~!

と後悔しないためにも、

 

 

 

 

信頼できそうな専門家に相談し、

自己責任のもと判断するという心構えが大切だと思います。

 

 

 

 

自分の体を一番大切にできるのは自分。

コントロールできるのも自分だけ。

 

 

 

 

これは余談ですが、、、

 

 

 

 

大腿骨骨頭壊死や骨折は、

加圧トレーニングで改善された例が報告されています。

 

PDFダウンロードします

↓↓↓

筋肉と筋力増強訓練―加圧トレーニング

 

 

 

 

 

 

私は医療従事者の国家資格は

持っていないので、

 

 

 

 

加圧ジャパンの規定により、

加圧トレーニングを治療に使うことはできません。

 

 

 

 

気になる方は、

大腿骨骨頭壊死、加圧トレーニング、地域名などで

検索してみてください。

 

 

 

 

整形外科や整骨院で治療実績があり、

対応が可能なところが見つかると思います。

 

 

 

 

 

 

LINEによる相談・お問い合わせはこちらから

 
 
①お名前②年齢
③症状・トレーニングの目的
 

 

以上を記入していただき、
ご相談ください。

 

 

 

友だち追加

ID検索 : @213ghjre

 

 

タグ :      

よくある質問

太っていると、膝・関節が痛くなるのは本当なのか?

 


【福岡 50代のポンコツBODY専門】

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

太っていると、膝・関節が痛くなるのは本当なのか?

についてです。

 

 

 

先日、1年間で30キロ以上体重が減ってしまった方の

お体を施術させていただく機会がありました。

 

 

 

 

この方は、ダイエットして痩せたわけではなく、

闘病されて痩せてしまったのですが、

 

 

 

 

110キロ体重があったころは、

どこも痛くなかったのに、、、

 

 

 

 

痩せたら肩は凝るし、腰は痛いし、

いろいろなところが痛くなりました。

とおっしゃっていました。

 

 

 

 

確かに、、、

肩も腰もカチカチ!!!

 

 

 

 

 

 

 

110キロもあった頃は痛くなかったのに、

今は病気も克服して、体はスリムなのに関節痛。

 

 

 

 

実は、このようなことは、

よくあることです。

 

 

 

 

太っていても

どこも痛くない人は意外と多く、

 

 

 

 

痩せていても

首・肩・腰・膝が痛い人は多いです。

 

 

 

 

でも、膝が痛くなって病院に行くと、

ほぼ必ず「体重を落としましょう」と言われてしまいます。

 

 

 

 

体験トレーニングでも、

医者に体重を落とせと言われたので、

とお伺いすることは多いです。

 

 

 

 

でも、これって、

本当に、本当なのか???

 

 

 

 

私自身、人生で一番太っていた時期に

膝が痛くなりましたが、、、

 

 

 

 

太ったままでも、

痛みはなくなりました。

 

 

 

 

少なくとも、

体重が重いから膝が痛い。

 

 

 

 

というのは、、、

 

 

 

 

私は、

あまり関係ないと考えています。

 

 

 

 

膝が痛くなる原因は、、、

 

 

 

 

内側ハムストリングス

内転筋という筋肉が弱くなっており、

膝を守ることができないからです。

 

 

 

 

この2つの筋肉を集中的に働かせ鍛えることで、

膝の痛みは改善します。

 

 

 

 

 

 

内側ハムストリングス=半腱様筋と半膜様筋

 

 

太って体重が重いから、

ではなく、

 

 

 

 

太っていても、

内側ハムストリングスと内転筋が

しっかり働いていたら、

 

 

 

 

膝は痛くなりません!!

 

 

 

 

運動や食事で体重を適正に減らすということは、

健康のためにもいいことです。

 

 

 

 

だけど、

もし膝やその他の関節に痛みがあって

運動をしながらダイエットを考えているなら、

 

 

 

 

関節の痛みをトレーニングで正しくケアしつつ、

計画をすすめるべきです。

 

 

 

 

痛みが悪化すれば、

運動やトレーニングを続けることは難しくなるし、

動かなくなるともっと太ります。

 

 

 

 

正しく運動やトレーニングを続けるって、

以外と難しいもの。

 

 

 

 

単純に運動やトレーニングが体にいいものなら、

トップアスリートが一番健康なはずですが、

 

 

 

 

現役のアスリートの体はケガが多く、

引退した元アスリートの体はボロボロ。

 

 

 

 

関節を守るトレーニングは、

すべてのパフォーマンスアップを目指す方に

必要なトレーニングだと思っています。

 

 

 

 

軽いウォーキングの前にさえ、

やるのとやらないのでは大きく違いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEによるお問い合わせはこちらから

 
 
①お名前②年齢
③症状・トレーニングの目的
 

 

以上を記入していただき、
ご相談ください。

 

 

 

友だち追加

ID検索 : @213ghjre

 

 

タグ :  

よくある質問 膝の痛み

関節痛が改善するのに、どのくらいの期間が必要なのか?

 


【福岡 50代のポンコツBODY専門】

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日は、よくある質問にお答えします。

 

『関節の痛みはどのくらいの期間で改善するのか?』

についてです。

 

 

 

トレーニングで改善できる関節の痛みは、

トレーニングを行った瞬間から軽減します。

 

 

 

 

これは、

使うことができていなかった筋肉が

使えるようになるためです。

 

 

 

 

筋肉の中には筋繊維の束があり、

その中にはたくさんの筋繊維があります。

 

 

 

筋繊維はたくさんあるのですが、

日頃、使えていない筋繊維もたくさんあります。

 

 

 

 

例えば、100本の筋繊維があるとして、

働いているのが60本という感じです。

 

 

 

 

そこでトレーニングを行うと、

60本しか働いていなかった筋繊維が

80本働けるようになります。

 

 

 

 

すると、、、

その場で筋力がアップし、

関節の痛みが改善します。

 

 

 

 

が、、、

 

 

 

 

改善した痛みは、

また元に戻っていきます。

 

 

 

 

元に戻ってはいくのですが、

最初よりは改善している状態です。

 

 

 

 

なぜ、元に戻るのかというと、、、

 

 

 

 

1回のトレーニングでも、

一時的に筋肉が使えるようになり、

 

 

 

 

痛みが軽減したり、

動きがよくなったりするのですが、

 

 

 

 

筋肉が太くなったり、

筋繊維が増えたわけではないので、

元に戻るのです。

 

 

 

【改善までのイメージグラフ】

週に1回60分のトレーニングを推奨しています。

 

 

 

筋肉がつき始めて筋力がアップするまでには、

1~3カ月はかかります。

 

 

 

 

そのため、、、

 

 

 

 

関節の痛みを繰り返さない、

ハイパフォーマンス体になるためには、

1~3カ月ぐらいの時間が必要です。

 

 

 

 

このことを知っておかないと、

かなりガッカリしてしまうかもしれません。

 

 

 

 

というのも、、、

 

 

 

 

たった1回のトレーニングでも、

マッサージやストレッチ、その他の方法より、

 

 

 

 

驚くほど痛みが改善して楽になったり、

関節が柔らかくなったりするので、

 

 

 

 

体が戻ると、、、喜びが一転、

 

 

 

 

あぁ、やっぱり、、、と、

かなりのガッカリ感を感じてしまうでしょう。

 

 

 

 

ですが、

考えようによっては、

 

 

 

 

1回のトレーニングでも感じた爽快感、

それ以上の効果を3か月後には維持できるようになっているので、

 

 

 

 

最初の1回で、

3か月後のイメージが想像しやすいとも言えます。

 

 

 

 

焦らず、落ち着いた気持ちで、

体作りに取り組むためには、

 

 

 

 

正しい目標達成のイメージを

描くことが大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問