福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

五十肩に対する関節トレーニングについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「五十肩に対する関節トレーニングについて」

 

についてです。

 

 

 

五十肩、肩関節周囲炎の原因について

 

 

 

私も50歳を目前にして、

友人、知人が50肩に悩むことが多くなったような気がします。

 

 

 

 

いや、

40歳でも悩んでいる方は多いかな…(-_-;)

 

 

 

 

肩は関節の中が

スライドするように動くのですが、

 

 

 

 

この動きがスムーズの行われないと、

骨がぶつかるような動きになってしまい痛みがでます。

 

 

 

 

なぜ、動きが悪くなるかというと、

肩甲下筋という肩のインナーマッスルと

 

 

 

 

腕の裏側の筋肉、

上腕三頭筋という筋肉が機能していないことが多いです。

 

 

 

 

五十肩になると、

腕を上げるとズキズキして、

徐々に腕を後ろに組めなくなっていきます。

 

 

 

 

 

悪化すると、

夜間痛といって、

 

 

 

 

寝ている時にうずいたり、

寝返りできないくらい痛み、

 

 

 

 

痛みがおさまっても、

拘縮といって肩がカチコチに固まってしまうと、腕が上がらなくなったりもします。

 

 

 

 

五十肩の関節リカバリートレーニング

 

 

前提として、

 

五十肩は酷くならないうちに

早めにしっかり動かして、改善させていくことが大切です。

 

 

 

 

炎症あり、痛みが強いときは、

肩の運動や施術は積極的にはできないので、

 

 

 

 

まず、指や手首から

しっかり動かすことから始めます。

 

 

 

 

そんなことで、

本当に肩が良くなっていくの?

と思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

動かせる範囲の軽めの

関節を守るトレーニングでも、

 

 

 

 

その場で痛みが

取れるというようりは、

 

 

 

 

翌日調子がいいといった感じで、

徐々に回復していきますよ。

 

 

 

 

炎症がおさまってきたら、

肩が固まってしまわないように施術&トレーニングを行います。

 

 

 

 

固まった肩を動かすには、

少々痛みも伴いますが、

 

 

 

 

肩の痛みがなくなり、

自由に動くようになったら、

人生が変わったと言われた方もいます。

 

 

 

 

現在、無料体験トレーニングを実施中です。

一度、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

肩こり

関節リカバリートレーニングはいつまで続ければいいのか?

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「関節リカバリートレーニングはいつまで続ければいいのか?」

 

についてです。

 

 

 

 

関節リカバリートレーニングはいつまで続ければいいのか?

 

 

 

以前、パーソナルトレーニングはいつまで続ければいいのか?

 

 

 

 

という記事を書いたのですが、

今回は、別の視点も加えて書いてみようと思います。

 

 

 

 

以前の記事の内容を

ざっとまとめますね。

 

 

 

 

☑ パーソナルトレーニングは

一生続けるなくてもいいが、トレーニングは続ける必要がある。

 

 

 

 

☑ パーソナルトレーニングは、

なるべく失敗しない近道のようなもの。

 

 

 

 

☑ 私はあなたの体に

一生お付き合いできる保証はない。

 

 

 

 

人間は今のところ、

必ず老化し、衰えていくものなので、

 

 

 

 

最後までダイナミックに動き、

あなたの「やりたいこと」ができる体でいるためには、

 

 

 

 

一生涯、

適切な体のケア、筋トレは必要です。

 

 

 

 

そして、

パーソナルトレーナーは、

24時間365日、一生涯、あなたの体のケアにお付き合いできる保証はありません。

 

 

 

 

あなたの体のことを

よく知るパーソナルトレーナーも

明日何が起こるとも限らないわけですし。

 

 

 

 

そう考えると、

自分の体は自分で面倒を見るという覚悟は持つべきだと思います。

 

 

 

 

その覚悟を持った上で、

パーソナルトレーニングを習慣の中に組み入れるのは有効な場合が多いでしょう。

 

 

 

 

関節を守るトレーニングも、

一生自分の脚で歩くためには、一生習慣化することをおススメします。

 

 

 

 

ただ、パーソナルトレーニングとして

一生続けなくてはいけないわけではありません。

 

 

 

 

関節を守るトレーニングは、

極めて有効なセルケアが確立しているので、

 

 

 

 

セルフケアを習得して、

週に1~2回の習慣化だけでも「一生モノの関節」を保つことができます。

 

 

 

 

こんなあなたにはパーソナルトレーニングの継続をおススメします

 

 

 

自分で自分の

体のケアやトレーニングができるようになるのは素晴らしいこと。

 

 

 

 

でも、

まだ習慣化はできていない。

まだ習慣化できる自信がない。

 

 

 

 

そんなあなたには、

パーソナルトレーニングを利用して

トレーニングを継続してみることをおススメします。

 

 

 

 

歯を磨くように、

 

お風呂に入るように、

 

ご飯を食べるように、

 

 

 

 

体を動かしたり、ケアをする習慣ができているのなら、

 

 

 

 

トレーニングをするという決断に

意思の力は必要ないので疲れませんが、

 

 

 

 

毎日、さあ運動しよう、

トレーニングしよう、しなくては、、、

決断が必要だと迷い、意志力を使い疲れてしまいます。

 

 

 

 

仕事に集中したい、

介護や子育てで疲れているなど、

 

 

 

 

日頃から、意志力を使い、

トレーニングの継続が危うい方には、

 

 

 

 

自分の体に向き合う時間を

パーソナルトレーニングを通じて確保し、習慣化していくのがオススメです。

 

 

 

 

関節リカバリートレーニングでは、

3カ月以内に痛みや動きが改善し、

 

 

 

 

セルケアを習得すれば、

自分でその状態を保ちやすくなります。

 

 

 

 

つまり、

あなたのやりたいことが

できる体になる基礎が整います。

 

 

 

 

私にはその先のトレーニングを

サポートする準備もありますが、

 

 

 

 

動けるようになった体で

テニスを始めてみる、ヨガを始めてみる。

 

 

 

 

そして、月に1回の

関節リカバリートレーニングのパーソナルセッションで整える。

 

 

そんな対応もさせていただいています。

 

 

 

 

あなたの目標やご都合に合わせて

トレーニング頻度や期間についてご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問 マインド

肩こりの根本的原因と解消方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「肩こりの根本的原因と解消方法について」

 

についてです。

 

 

 

肩こりは国民病

 

 

国民生活基礎調査の

健康状況では、

 

 

 

 

男性では、

1位腰痛、2位肩こり、3位せきやたん

 

 

 

 

女性では、

1位肩こり、2位腰痛、3位手足の関節が痛む

 

 

 

 

と、男女ともに

肩こりに悩んでいる方は多く、

もはや国民病と言っても過言ではありませんね。

 

 

 

何年もの間、

マッサージや整体、針治療などに通い、

痛みを誤魔化すだけで、

 

 

 

 

それを当たり前、

仕方がないと諦めている人も多いと思います。

 

 

 

 

でも、

例え中学生の時から肩こりであっても、

 

 

 

 

サボっている筋肉を働かせるだけで、

簡単に改善することも多いです。

 

 

 

 

肩甲骨の動きをよくすると肩こりは解消する

 

 

肩こりの人は

感じていると思いますが、

 

 

 

 

肩甲骨まわりが痛い、

何とかしたい…と。

 

 

 

 

この直感は正解です。

 

 

 

 

肩甲骨を守る2つの筋肉を

働かせてあげると、肩や首の筋肉は緩みます。

 

 

 

 

 

 

肩甲骨を守る2つの筋肉とは、

菱形筋と前鋸筋です。

 

 

 

 

肩甲骨から背骨についている

菱形筋が弱くなると、

 

 

 

 

肩甲骨を背中の中心に寄せたり、

上げたりする力が衰え、

 

 

 

 

その働きをカバーするために

肩甲挙筋がガンバリすぎて、首や肩が痛くなります。

 

 

 

 

一方、前鋸筋が弱くなると、

肩甲骨が外側に引っ張られやすいので、

 

 

 

 

菱形筋が硬くなり肩がこります。

また、首も凝ります。

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングでは、

肩や首が凝っている場合は、

 

 

 

 

菱形筋と前鋸筋をトレーニングして、

肩甲骨の動きを取り戻すことから始めます。

 

 

 

その肩こり・首コリには注意が必要!!かも

 

 

肩こり・首コリの根本的原因は、

肩甲骨まわりの筋力低下であることが多いのですが、

 

 

 

 

筋肉には関係のないことが

根本的原因、要因になっていることもあります。

 

 

 

 

例えば、

肺がんなどの悪性腫瘍、

感染や関節リウマチによる炎症。

急激な外傷、精神的ストレス。

 

 

 

 

トレーニングよりも病院で

適切な処置が必要なこともあります。

 

 

 

 

また、

肩甲骨と肩関節は一緒に働くので、

肩関節に関係している筋肉が原因であることもあり、

 

 

 

 

肩甲骨と肩関節まわりを

一緒にトレーニングしてあげるとより効果的です。

 

 

 

 

実際、どんなトレーニングをするんですか?

と思われていると思うので、セルフケアの動画を作成中です。

 

 

 

 

興味のある方には

プレゼントさせていただく予定です。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

私はズボラ人間なので、

作成には少々時間がかかるかもしれませんが、

 

 

 

 

ご要望が多ければ、

急いで作ってしまうかもしれません(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

肩こり 首こり

膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎の原因と解消方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎の原因と解消方法について」

 

についてです。

 

 

 

膝の外側が痛みについて

 

 

膝の外側が痛む場合、

腸脛靭帯炎と考えられることが多いです。

 

 

 

 

別名ランナー膝とも言われ、

長時間走る人に多いようです。

 

 

 

 

 

 

なぜ、膝の外側が痛くなるのか?

 

 

 

 

膝の外側には

大筋膜張筋という筋肉があり、

膝関節付近は腸脛靭帯という靭帯になっています。

 

 

 

 

大筋膜張筋が緊張して硬くなると

膝の外側に負担がかかり痛みが出ます。

 

 

 

 

痛みが出やすい場所は2か所で、

赤まるで囲んでいる箇所で、

 

 

 

 

腸脛靭帯がついているところと、

大筋膜張筋が緊張して硬くなると、腸脛靭帯が擦れてしまうところです。

 

 

 

 

膝の外側の痛みを解消する方法

 

 

一般的には、

硬くなった脚の外側、大筋膜張筋のストレッチを進められることが多いです。

 

 

 

 

でも、、、

 

なぜ、外側の筋肉が

頑張りすぎて硬くなるのかというと、

 

 

 

 

膝の内側の筋肉、

内側ハムストリングスが弱くなっているからで、

 

 

 

 

内側の働きをカバーするために

外側が過剰に働いているためです。

 

 

 

 

だから、

膝の外側の痛みを解消するためには、

膝の内側、内側ハムストリングスを鍛えていきます。

 

 

 

 

すると、、、

 

外側の筋肉が緩むので、

楽にストレッチができるし、痛みも軽減しますよ。

 

 

 

 

また、

偏平足の人はつま先が外に向きやすく、

脛が外側に捻じれやすいので、膝の外側に痛みが出やすくなります。

 

 

 

 

場合によっては、

足首のトレーニングも必要になります。

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

膝の痛みを悪化させてしまう動きについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みを悪化させてしまう動きについて」

 

についてです。

 

 

 

膝は基本的に屈伸しかしない

 

 

 

 

膝はその構造上、

曲げたり、伸ばしたりすることしかできません。

 

 

 

 

真横に曲げたり、

膝関節自体を捻ることはできない構造になっています。

 

 

 

 

構造上は曲げ伸ばししか

できないのですが、

 

 

 

 

膝につながっている

筋肉の働きが偏ると、、、

 

 

 

 

内側や外側に

捻じれやすくなる動きや姿勢が生まれて、

 

膝関節に大きな負担になります。

 

 

 

 

膝に負担がかかる動き:正座

 

 

 

 

正座は膝に一番負担がかかる姿勢です。

 

 

 

 

膝関節の正常な屈曲角度は

140度と言われていますが、

正座をした時の屈曲角度は160度にもなります。

 

 

 

 

膝が痛いときには、

正座は痛みを悪化させてしまうのでNGです。

 

 

 

膝に負担がかかる動き:脚を組むクセ

 

 

 

 

 

膝は曲げた状態だと、

捻じれやすくなるので、

 

 

 

 

脚を組むのは、

膝の痛みが悪化しやすくなるクセです。

 

 

 

膝に負担がかかる動き:横座り

 

 

横座り:別名 お姉さん座り

 

この座り方は、

女性に多いと思います。

 

 

 

 

私は、

横座りはしないですが、

横座りのように膝を捻りながら起き上がるクセがあります。

 

→ よくないですね

 

 

 

 

横座りは、

膝が内側に向いて、足首が外を向きます。

 

 

 

 

これは膝本来の動きとは

異なる動きとなり、膝の内側の靭帯が伸びやすくなります。

 

 

 

 

これも膝に負担がかかるクセです。

 

 

 

 

骨盤も歪みやすくなり、

背骨も曲がりやすくなるので、

 

横座りのクセは改めましょう。

 

 

 

 

対策としては、

自分のクセを知り、改めること。

 

 

 

 

そして、

意外に思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

足首をケアして、

柔らかくすることです。

 

 

 

 

足首が硬くなると、

しゃがむ動きがしにくくなります。

 

 

 

 

しゃがむためには、

膝をより曲げるしかなく、

 

 

 

 

階段を降りる時も

より膝を曲げて降りるしかないので、

膝に負担がかかります。

 

 

 

 

私も先日、

犬の散歩で滑って転んで捻挫しました。

 

 

 

 

足首が曲がりにくいので、

階段が降りにくいです( ;∀;)

 

 

 

 

クセを見直し、足首をケアします!

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣」

 

についてです。

 

 

 

膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣

 

 

一般的には

体に良いとされることで、

膝の痛みを悪化させてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

それは、

ウォーキングやランニングです。

 

 

 

 

筋肉をつけようと思って、

ウォーキングを始める方って多いのですが、

 

 

 

 

膝に痛みがある時には、

しない方がいいです。

 

 

 

 

膝に痛みがあるときは、

膝の内側の筋肉が弱くなっていたり、

 

 

 

 

O脚やX脚のように

膝が捻じれている状態です。

 

 

 

 

膝が捻じれて

歪んでいる状態で動くと、

 

 

 

 

その歪みや捻じれを強化しているのと同じです。

 

 

 

 

家だって、

柱がしっかりしていない時に、

地震で強い衝撃を受けたら壊れますよね。

 

 

 

 

ウォーキングやランニングは

とても良い運動だと思いますが、

 

 

 

 

膝に痛みがあるときは、

弱くなっている筋肉をしっかり働かせて、

 

 

 

 

膝関節を整えてから、

ウォーキングを始めるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

膝が痛いときのスクワットはNG!

 

 

スクワットは脚だけではなく、

体幹やお尻、背中も鍛えることができる

とても優秀なトレーニングメニューです。

 

 

 

 

 

スクワットは

体重を支えるような動きで、

様々な筋肉が働くトレーニングですが、

 

 

 

 

膝が痛いときには、

膝の内側の筋肉が弱くなっていることが多く、

 

 

 

 

スクワットをしても、

使いやすい筋肉ばかりが働いてしまい、

膝への負担が増えてしまいます。

 

 

 

 

膝の痛みが解消して、

さらに動きを速く、強くするために、

スクワットを行うのはいいのですが、

 

 

 

 

まずは、

弱くなっている筋肉を働かせ、

膝の痛みを解消しましょう。

 

 

 

膝の痛みを伴うストレッチはNG!

 

 

膝痛解消のストレッチとは、

腿の前の筋肉を伸ばすことが多いです。

 

 

 

 

この時、

腿の前の筋肉が伸びていて

気持ちが良いくらいの痛みならOKです。

 

 

 

 

でも、

筋肉ではなく、

 

 

 

 

膝の関節自体に

痛みを感じるようであれば、

そのストレッチはしないでください。

 

 

 

 

膝が痛いときとは、

膝が捻じれていたり、歪んでいて、

 

 

 

 

膝がズレるような

動きの時に痛みがでます。

 

 

 

 

ストレッチをしている時に、

膝関節自体に痛みが出ているのであれば、

 

 

 

 

膝に負担がかかっているので、

そのストレッチはやめておきましょう。

 

 

 

 

世の中には

多くの健康・栄養・トレーニング情報があふれています。

 

 

 

 

確かに間違いではないけど、

それは、今のあなたには合っていない方法かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

膝の内側の痛み、鵞足炎の原因と解消する方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の内側の痛み、鵞足炎の原因と解消する方法ついて」

 

についてです。

 

 

 

鵞足炎(がそくえん)とは?

 

 

鵞足(がそく)とは、

膝下から5センチほど下の脛の内側で、

縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉がくっついている場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝下の膝の内側付近が痛い人は、

この鵞足という場所に炎症があり、痛みが出ていることが多いです。

 

 

 

 

膝の内側、鵞足に痛みが出る原因

 

 

鵞足部分に付着している

半腱様筋は硬くなりやすい筋肉です。

 

 

 

 

半腱様筋とは、

ハムストリングス、

腿の裏側の筋肉ですね。

 

 

 

 

前屈しにくいとか、

猫背でガニ股歩きのクセ、

骨盤が後傾していて姿勢が悪い人は、

 

 

 

 

腿の裏側が硬くなっています!!

 

 

 

 

 

 

半腱様筋が硬くなると、

膝を伸ばそうとしても膝が伸びにくくなり、膝を捻じる強いストレスになります。

 

 

 

 

酷くなると、

膝はさらに伸びにくくなり、ガニ股になり、

 

 

 

 

そのまま放置すると、

 

O脚→半月板にまで損傷し、

変形性膝関節症になるリスクが大幅にアップしてしまうことに…

 

 

 

 

膝の内側の痛み、鵞足炎を解消する方法

 

 

膝の内側の痛み、

鵞足炎を解消するためには、

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋を

緩めてあげることがポイントになります。

 

 

 

 

ここでストレッチしたくなるのですが、

腿の裏側が本当に硬い人に、いきなりストレッチはかなり痛いです。

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋が硬い人は、

内転筋という筋肉が弱くなっています。

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋は、

内転筋がサボっていたので、

その働きを補うために頑張りすぎていたんですね。

 

 

 

 

だから、

 

まず、内転筋が働くようにトレーニングします。

 

 

 

 

すると、

腿の裏側、半腱様筋は、柔らかくなりますよ。

 

 

 

 

内転筋トレーニングしてから、

ストレッチをしてあげると非常に効果的です。

 

 

 

 

ここまで整えることができたら、、、

 

 

姿勢や歩き方を意識すると、

さらに効果的ですが、

 

 

 

 

さらに言うと、、、

 

 

さほど意識しなくても、

すでに姿勢や歩き方は変わり始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み