福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

初心者フラメンコダンサーの憂鬱「膝が痛い」

 


福岡 関節リカバリー専門パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンスな美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

初心者フラメンコダンサーの憂鬱「膝が痛い」

についてです。

 

 

 

「フラメンコめちゃ楽しいです」

 

「でも、膝が痛くなるんです」

 

 

 

 

そうおっしゃたのは、

最近フラメンコを始めたばかりのお客様。

 

 

 

 

フラメンコに限らず、

ダンスをされる方は膝に負担がかかることが多いと思います。

 

 

 

 

と言うのも膝という関節は、

ひねる動きに対応している関節ではないんです。

 

 

 

 

膝の本来の動きは、

曲げるか伸ばすだけ。

 

 

 

 

だから、膝をひねると

負担がかかって痛みが出る原因になります。

 

 

 

 

O脚やX脚で膝がねじれている人が

ダンスをすると、、、

 

 

 

 

痛みが出てしまうかも。

 

 

 

 

ダンスの動きは、

つま先を外に向けたり、内に向けたり、回ったり、

 

 

 

 

例えば、

つま先を外に向ける時に、

 

 

股関節 →膝 →つま先 と、

 

 

 

 

全てを外に向けられれば、

膝には負担がかかりませんが、

 

 

 

 

股関節や足首の動きが悪い

どうしても膝がついていけずに『ねじれて』しまいます。

 

 

 

 

フラメンコに限っては、

床をカツカツするから、それも一因かもしれません。

 

 

 

 

 

フラメンコを始めたばかりで、

膝の痛みが出てしまったお客様は、

ややX脚でした。

 

 

 

 

足首や股関節にも

動きが悪いところがあったので調整して、

膝を守る筋肉をトレーニングしました。

 

 

 

 

すると、、、

 

 

 

痛みが出なくなったし、

つま先を外に向ける時、

お尻の奥から外に向いている気がしますとのこと。

 

 

 

 

今では、膝の痛みがあったことさえ

忘れているそうです。

 

 

 

 

今回は膝以外の調整、

トレーニングも行いましたが、

 

 

 

 

膝の痛みを改善するのに一番必要なのは、

膝を守る筋肉を鍛えることです。

 

 

 

 

膝を守る筋肉とは、

内側ハムストリングスと内転筋という筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングメニューとしては、

たったの2つです。

 

 

 

 

股関節や足首まで調整するとしても、

合計6種類のメニューです。

 

 

 

 

 

LINEによる相談・お問い合わせはこちらから

 
 
①お名前②年齢
③症状・トレーニングの目的
 

 

以上を記入していただき、
ご相談ください。

 

 

 

友だち追加

ID検索 : @213ghjre

 

 

膝の痛み