福岡 パーソナルトレーニング 加圧トレーニング

福岡で唯一 疲労回復専門パーソナルトレーニング&コンディショニング

そのマッサージがあなたの体を傷つけているかもしれないPart②

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは

『あなたが大好なマッサージについて②です。

 

 

 

アンチマッサージ

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

 

 

前回の投稿で

リラクゼーションマッサージなどを受けるなら、

 

 

 

 

安全な施術であることが条件で、

『つよもみ』は絶対に止めた方がいいこと、

をお伝えしました。

 

→ つよもみ:つよく揉むこと

 

 

 

 

疲れている時に受ける

リラクゼーションマッサージは、

 

 

 

 

強すぎず、安全な施術で、

癒しやリラックス、リフレッシュが目的なら、

意味があると思います。

 

 

 

 

しかし、痛みがでているところに、

根本的な原因はないことが多いので、

 

 

 

 

痛みの根本的解決にならないばかりか、

 

 

 

 

痛いところをほぐすだけの施術は、

逆に悪化させてしまうことがあります。

 

 

 

 

今日は、その分かりやすい例を

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

背中が痛い、

ツライと訴えられると、

 

 

 

 

セラピストは痛いと言われた背中を

素直にほぐす人が多いです。

 

 

 

 

しかし、

背中が痛い原因は背中ではなく、

肩甲骨を動かす筋肉がサボっているから。

 

 

 

背中には

背骨と肩甲骨についている筋肉があります。

 

 

 

 

特に、

菱形筋という筋肉が弱くなると、

 

 

 

 

肩甲骨が体の外側に引っ張られ、

胸の筋肉は硬くなります。

 

 

 

つまり、猫背ちゃんが

育っていくわけなのですが、

 

 

 

 

このとき、背中の筋肉がサボっていて、

背骨を外側に引っ張っているから、

背中が痛いのです。

 

 

 

 

背中の筋肉は弱り、引き伸ばされて、

背中に痛みがでているのに、

 

 

 

 

痛いからといって、

背中をほぐせば、、、

 

 

 

 

さらに背中の痛みを悪化させる

原因になってしまうのです。

 

 

 

 

根本的に背中の痛みを解決していくには、

 

 

 

 

胸の筋肉を柔らかくし、

背中の筋肉を使えるように整えていくことが、

改善への近道。

 

 

 

 

私はこの改善への過程を

 

リラックス&コンディショニングとして、

施術しています。

 

 

 

 

背中の痛みと同じように、

腰が痛いときにも同じようなことが言えます。

 

 

 

 

腰が痛いのは、

腸腰筋という筋肉が硬くなりすぎて、

痛みがでていることが多いです。

 

 

 

 

 

この場合、

腹横筋というお腹の筋肉と、

脊柱起立筋という背中の奥の筋肉を働かせると、

 

 

 

 

腸腰筋が緩み、

腰痛が緩和されます。

 

 

 

 

腰痛の場合も、

痛いところをほぐすだけでは、

 

 

 

 

痛みを繰りかえさない根本的解決や、

動きがよくなったりということはないのです。

 

 

 

 

じゃあ、

腹筋や背筋をすればいいのか?

というと、

 

 

 

 

これにはやり方にコツがあって、

一般的な起き上がりの腹筋や背筋とは少し違います。

 

 

 

 

ストレッチだけ、

ほぐすだけには限界があり、

 

 

 

 

ほんの少しのトレーニングと組み合わせで、

あなたの体は劇的に変わります。

 

 

 

 

いつまでも、若々しく動ける体で、

今を楽しみたいと思いますね(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

生活習慣

レンタルジムでのトレーニング受付を再開しました!

 


福岡で唯一 

疲労回復専門パーソナルトレーニング

 

ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日は、

『レンタルジムセッション受付再開のお知らせ』です。

 

 

 

新型コロナ感染症対策のため、

ご自宅と個人オフィスの出張のみでトレーニングを行っていました。

 

 

 

 

10月よりレンタルジム・レンタルスペースでの

トレーニングを再開しています。

 

 

 

 

ご自宅でのトレーニングよりも、

ジムでのトレーニングをご希望の方は、

ご検討ください。

 

 

 

 

場所は、福岡市南区大橋駅から

徒歩3分の場所になります。

 

 

 

 

とてもキレイなジムです。

皆様が安心してご利用いただくために、

検温とマスクの着用が必須となっています。

 

 

 

 

 

他のお客様と一緒になることは、

ほぼありませんので、

 

→ 他のトレーナーさんと

クライアント様という意味です。

 

 

 

安心・安全・集中してご利用いただけます。

 

 

 

 

水素水も飲めますので、

飲料水のご準備は必要ありません。

 

 

 

 

こちらのレンタルジムは、

器具がバッチリ揃っています。

 

 

 

 

よし、パフォーマンスを

バリバリ上げていくぞ!!!!

 

 

 

 

と…ちょっと元気なって、

体力にも自信がついてきて、

 

 

 

 

BODYメイクやダイエットを始める方には

オススメのトレーニング場所です。

 

 

 

 

あちこちが痛くて、

まだトレーニングどころじゃない!

 

 

 

 

というあなたには、

ご自宅でのトレーニングがオススメです

 

 

 

 

というのも、

トレーニングを始める基礎ができていない場合、

ジムの器具は使わないからです。

 

 

 

↑↑↑

 

50肩の後遺症で腕が上がりませんでしたが、

今では、リングフィットドベンチャーを楽しむお客様。

 

 

 

 

ご自宅でのトレーニングのいいところは、

 

 

☑ 継続しやすい

 

 

☑ サボりにくい

 

 

☑ 時間の節約ができる

 

 

☑ 集中できる

 

 

 

 

トレーニングや運動の一番難しいところは、

継続することです。

 

 

 

 

ご自宅でのトレーニングを

くじけてしまう方は少ないです。

 

 

 

 

夏の暑い日も、

凍える冬も、

 

 

 

 

私がやってきますから。

 

 

 

 

そうは言っても、

家や部屋の掃除が大変、

家族に見られるのも嫌!

 

 

 

 

とおっしゃるかもしれません('ω')

 

 

 

 

お掃除に関しては、

運動と思って動いてみてください。

 

 

 

 

トレーニングなんかしなくても、

ピカピカにお掃除すれば結構鍛えられます!

 

 

 

 

お部屋や家が綺麗になれば、

頭も整理整頓され、気分もスッキリ。

 

 

 

 

これこそ良いことばかりです。

 

 

 

 

あと、

ご家族に見られたくないというのは、

ありますよね~(-_-;)

 

 

 

 

そんな方は、

ご家族がいない時間帯を選んでます。

 

 

 

 

最終的な決断は、、、

『ここならやれそう』

 

 

 

 

と、あなたが選んだ場所、

それがベストなトレーニング場所です。

 

 

 

 

ご自宅、福岡市南区大橋以外の

トレーニング場所をご希望の場合には、

一度、ご相談くださいませ(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

お知らせ

新庄剛志に学ぶポジティブ思考『ポジティブは伝染する』

 


福岡で唯一 

疲労回復専門パーソナルトレーニング

 

ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは『新庄剛志に学ぶポジティブ思考』です。

 

 

 

50歳を目前にして

最近思うのが、、、

 

 

 

 

ほうれい線より怖いのは、

ネガティブ思考だってこと。

 

 

 

 

ネガティブな感情って、

うつるし、うつすし。

 

 

 

 

本当に呪いのように伝播する。

 

 

 

 

 

例えば、

 

ネガティブな上司から、

あなたのことをネガティブに判断されたれら、

 

 

 

 

普通にイラっとすると思うし、

 

 

 

 

あなたは、

そうじゃないのに、、、

なぜ、分かってくれないの、、、

 

 

 

 

と悲しい、暗い気分に

なってしまうかもしれない。

 

 

 

 

やる気のあった楽しい仕事なのに、

つまらなくなって、辞めたくなるかもしれない。

 

 

 

 

逆に、

あなたが常に疲れていて、

ネガティブ思考に囚われているなら、

 

 

 

 

あなたの家族は、

あなたのネガティブな気持ちに

影響されているはずです。

 

 

 

 

大切な人が自分のネガティブ思考に

侵されていると考えたら、痛くないですか?

 

 

 

 

物事はとらえ方なので、

 

 

 

 

上司がネガティブなやつでも、

家族や友達がネガティブでも、

 

 

 

 

自分でポジティブに

変換する方法はあるにはある。

 

 

 

 

相手は変えられないから、

(影響は与えられるけど)

自分にフォーカスするが吉。

 

 

 

 

その究極的な考え方をお持ちなのが、

最近、気になる新庄剛志さんだと思いました。

 

 

 

 

同じ年で、同じ福岡。

 

 

そんな新庄剛志さんが

現役復帰を目指しているということで、

本を読んでみました。

 

 

 

 

結論から言うと、

めちゃオススメの一冊です。

 

 

 

 

先ほど、

ネガティブは伝播するって

書いたんだけど、

 

 

 

 

ポジティブやキャラも伝染しますよね。

 

 

 

 

楽しい人といたら、

楽しくなるし、

 

 

 

 

頑張っている人といたら、

刺激を受けるし、

 

 

 

 

稼いでいる人といたら、

稼げるようになる。

 

 

 

 

どうせ影響を受けるなら、

ポジティブな思考の方がいい。

 

 

 

 

また、影響を与えるなら、

ポジティブな思考やキャラの方がいい。

と思いませんか?

 

 

 

 

本の中身については、

ネタバレになるので書かないけど、

 

 

 

 

ポジティブに伝染したい方、

ぜひ、読んで欲しい1冊です。

 

 

 

 

新庄剛志さんって、

『超成功思考』

 

 

 

 

色んなビジネス書があるけれど、

同じようなことが書いてあります。

 

 

 

 

最初から新庄剛志さんと同じようには

いかないと思うけど、

 

 

 

 

究極のポジティブ思考は、

言葉の使い方を変えたり、

 

 

 

 

健康で、動ける、自信が持てる体なら、

手に入りやすいと思います。

 

 

 

 

その逆が、

疲れ切った、自信のない体かな。

 

 

 

 

心身共に疲労した体では、

明るい気持ちを持ち続けるのは難しいよね。

 

 

 

 

最初はちょっとしたミスや

気分の落ち込みぐらいかもしれないけど、

 

 

 

 

深みにはまっていくと、

 

病気、パワハラ、セクハラ、モラハラ、

鬱、自殺、いじめ、虐待、ネグレクトなんかにもつながってしまう。

 

 

 

 

明るく、楽しく生きる。

 

 

 

 

そのお手伝いができたらいいなと、

思って、

 

 

 

 

私も、日々セッションを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

心理学

そのマッサージがあなたの体を傷つけているかもしれない

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは

『あなたが大好なマッサージについてです。

 

 

 

あなたは、

揉みほぐしやマッサージは好きですか?

 

 

 

 

硬くなってしまった筋肉を

マッサージでほぐすと、即時体が楽になる。

 

 

 

 

マッサージジャンキーな人多いですよね。

 

 

 

 

硬くなっているということは、

血流も悪くなっているし、老廃物も溜まっているので、

 

 

 

 

一時的にでも解消されれば、

スッキリ感が得られます。

 

 

 

 

でも、スッキリ感も一時的なもので、

2日もすればまた元に戻る。

 

 

 

 

その繰り返しで『そんなもんだなー』

諦めモードの人多いですよね。

 

 

 

 

ちなみに私は

アンチマッサージです。

 

 

 

 

自分がほぐし・マッサージを受けることは、

ほぼありません。

 

 

 

 

その理由は、

みんなマッサージが下手だから。

 

 

 

 

触られるのが怖いです。

ケガをしそうです。

 

 

 

 

そこら辺のマッサージ店で、

安易にマッサージを受けるなんてあり得ません。

 

 

 

 

あれ?でも、宮本さんも

リラクゼーションセラピストですよね?

 

 

 

 

答えはイエス。

トレーナーでもあり、セラピストでもあります。

 

 

 

 

リラクゼーションセラピストととして

店舗で働いていたこともあります。

 

 

 

 

だから、、、

セラピストがどんな教育を受け、

どんなことを言っていて、

どんな施術をしているか知っています。

 

 

 

 

その上で、

私は触って欲しくないと思うのです。

 

 

 

 

そう、

体のことをよく知らない、

施術も下手、変なウンチクでお客様を洗脳。

 

 

 

 

という現場を

よーく、知っているから。

 

 

→ ごく稀に、

神の手を持つセラピストもいますが…

 

 

 

100%体を預ける、

揉みほぐしやマッサージで得られるものとは、

 

 

 

 

一時の『快楽』で、

本質的な改善ではありません。

 

 

 

 

それに意味はあると思いますか?

 

 

 

 

私はマッサージやリラクゼーションを

好きではないけど『意味』はあると思います。

 

 

 

 

その意味とは『癒し』です。

 

 

 

 

人の手で触れられ、

硬い筋肉をほぐしてもらうと、

気持ちいいです。

 

 

 

 

あぁ、

ゆっくり休むことができそう。

明日からまた頑張れそう。

生きていける。

 

 

 

 

そう前向きに感じる方も

いらっしゃることでしょう。

 

 

 

 

犬や猫でも、

頭や体をよしよしされると、

本当に気持ちが良さそうですもんね。

 

 

 

 

人間もお気に入りのセラピストから、

施術をうけたら至福の時。

 

 

 

 

あなたが『癒し』のために、

リラクゼーションやマッサージを受けるなら、

いいと思います。

 

 

 

 

ただし、

体を傷つけない施術であることが条件です。

 

 

 

 

これだけは止めた方がいい

体を傷つける施術とは、

 

 

 

強揉み『つよもみ』です。

 

→ 強すぎる揉みほぐしは、

筋肉や神経を傷つける可能性が高まります。

 

 

 

 

施術を受ける時は、

お好みの強さを確認されることが多いですが、

あまり強くしない方がいいです。

 

 

 

 

あと、

 

腰が痛い、肩が痛いなという症状があっても

原因は別のところにあります。

 

 

 

 

痛いところをほぐしても、

本質的には改善しません。

そのことは理解しておいてください。

 

 

 

 

私がリラクゼーションの施術を使う理由は、

 

 

 

 

体がキツイところを

一時的にでも楽にして、

 

 

 

 

気持ちを上に向けて欲しいから。

 

 

 

 

その気持ちが、トレーニングを

やってみようという気持ちにもなり、

 

 

 

 

痛みや疲労を繰りかえさない体作り

効率よく行えるからです。

 

 

 

 

私の施術は、

普通のリラクゼーションマッサージと異なり、

 

 

 

 

本質的な肉体の改善につながるように

設計されています。

 

 

 

 

最初からトレーニングに励むのは

不安なあなたでも、

 

 

 

 

いつの間にか、

トレーニングをしたくなるように

組み立ててあります。

 

 

 

 

いきなり肉体改造に不安な方、

ぜひ、お試しください(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

生活習慣

体が柔らかくてグラグラのあなたにおススメの疲労回復方法

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは『体が柔らかいあなたのための疲労回復法』です。

 

 

 

体が柔らかすぎる人って、

筋力は弱いし、グラグラしています。

 

 

 

 

これは、

私自身がそうなので、

とてもよくわかる。

 

 

 

 

もともと運動神経が鈍く、

体育は嫌い、クラスマッチでもミスばっかり。

 

 

 

 

そんな私が筋力が弱いことを自覚したのが、

大学で本格的にバレーボールを始めた頃です。

 

 

 

 

レシーブの態勢を取った時、

耐えきれずに『べちゃっ』てつぶれちゃうんです。

 

 

 

 

先輩たちからは、

骨骨ロックと呼ばれていました。

 

 

 

 

バレーボールの例えでは

分かりにくいかもしれませんが、

 

 

 

 

あなたはしゃがむ時、

どうですか?

 

 

 

 

最後は力が抜けて、

『べちゃっ』ってしゃがんでしまいませんか?

 

 

 

 

これは、もう、

筋力が低下しちゃってるし、

 

 

 

 

足首も柔らかいから、

つぶれるのになんの不都合もないので、

 

 

 

 

べちゃってね…

しゃがんでしまうんです。

 

 

 

 

もし足首が硬かったら、

つぶれたくてもつぶれられないから、

筋肉が頑張るしかない。

 

 

 

 

体が柔らかすぎる人って、

 

 

 

 

日頃から、

筋肉が頑張る機会が少ないので、

筋力が弱いのだと考えています。

 

 

 

 

柔らかすぎると、

体をコントロールするのが難しいので、

ケガのリスクも高まります。

 

 

 

 

バレリーナやダンサーは、

柔らかく、しなやかなように見えますが、

 

 

 

 

あの状態を保つには

それ相当の筋力が必要なのです。

 

 

 

そー言えば、

けっこうムキムキでしょ?

 

 

 

 

体が柔らかすぎて、

グラグラしている人は、

 

 

 

 

『筋肉を鍛えることが必須』

 

 

 

 

鍛えずして、

疲労回復や痛みの回避はない!

断言します。

 

 

 

 

ストレッチや揉みほぐしだけで、

疲労回復や痛みの解消はない!

とも断言します。

 

 

 

 

そうは言っても

首や肩はガチガチですとおっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

それは本来働くべき筋肉が

ヨワヨワでサボっているからです。

 

 

 

 

本当にツライ時には、

即時効果も有効なので、

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングでは、

首のコリを緩めることもありますが、

 

 

 

 

一番必要なのは筋トレである

ということを頭に入れておいて欲しいと思います。

 

 

 

 

じゃあ、

どこを鍛えればいいの?

ということなのですが、

 

 

 

 

これは、まず、

サボっている筋肉だけを狙います。

 

 

 

 

サボっている筋肉には

指令が行きにくいので、

 

 

 

 

最初は力が入りにくいですが、

力が入って強くなってくると、

 

 

 

 

必ず『楽』になります。

 

 

 

 

そして、

グラグラしている人に必要なのが、

体幹を鍛えるトレーニングです。

 

 

 

 

グラグラしていると、

手足を有効に鍛えることは難しいですし、

効率的な体の使い方ができないからです。

 

 

 

 

体が柔らかすぎる人は、

筋トレでコンディショニングが80%、

ストレッチやほぐしは20%のイメージでOK。

 

 

 

 

で、

体が柔らかすぎるって具体的には?

目安が必要ですよね。

 

 

 

 

以下のことに当てはまるなら、

あなたの体は柔らかすぎてグラグラの可能性があります。

 

 

 

☑ 手の親指が腕の内側つく。

 

 

☑ 肘が15度以上反ってしまう(反張肘・猿手)

 

→ 四つん這いで腕をついた時に、

肘関節の内側が前を向いてしまう。

 

 

 

☑ 膝が10度以上反ってしまう(反張膝)

 

 

一番左の写真は膝が反っています。

日頃の意識と適切なトレーニングで

膝を守ることができ、美脚になります。

 

 

 

☑ 足首が30度以上曲がる

 

 

 

これらが当てはまるあなたは、

関節がゆるくてグラグラの可能性があります。

 

 

 

 

ちなみに私はこれがすべて当てはまるので、

トレーニングが欠かせません。

 

 

 

 

もしあなたがグラグラ派なら、

疲労回復&痛み解消のためにオススメなのは、

間違いなくトレーニングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲労回復トレーニング

体がガチガチに硬いあなたにオススメの疲労回復方法

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは『体が硬いあなたの疲労回復法』です。

 

 

 

早速ですが、

あなたの体は柔らかいですか?

それとも硬いですか?

 

 

 

 

 

180度開脚できた方がいい、

体は柔らかければ柔らかい方がいいと

思っている方が多いようですが、

 

 

 

 

それは大きな『間違い』です。

 

 

 

 

あなたがバレリーナやダンサーでないなら、

180度開脚の恩恵はないです。

 

 

 

 

もしあなたが、

体が硬いと自覚されていても、

実はそう硬くもないかもしれませんよ。

 

 

 

 

体は柔らかい方がいいと、

思い込んでいる人が多すぎます。

 

 

 

 

体が柔らかい人は、

筋力がある若い頃ならまだいいけど、

 

 

 

 

年を重ねて筋力が落ちると、

体をコントロールすることが難しくなり、

 

 

 

 

関節が不安定になり、

『痛み』が発症しやすくなります

 

 

 

 

元アスリートで、

運動から遠ざかっている人は、

本当にポンコツBODYが多い。

 

 

 

 

それも納得ですね。

 

 

 

 

とは言え、

適切な柔軟性はやっぱり大切。

 

 

 

 

適切な柔軟性は、

体に『疲れ』をため込まない、

痛めないためには必要なことなのです。

 

 

 

 

体が硬くて、全身がガチガチ。

 

 

 

 

体が硬いと言うことは、

どういうことなのでしょうか?

 

 

 

 

要素としては2つあります。

 

 

 

 

ひとつは、じん帯が硬いということ。

これは遺伝の影響もあります。

 

 

 

 

 

じん帯とは、

骨と骨を繋いでいる結合組織で、

このお陰様で関節は外れずに固定されています。

 

 

 

 

また、じん帯は酸素や栄養素を

あまり必要としない組織で再生能力が低いため、

 

 

 

 

断裂しちゃうと、

再建手術が必要な場合も多いです。

 

 

 

 

ストレッチでじん帯が切れたという話は

聞いたことがないですが、痛めるぐらいはよくある話。

 

 

 

 

なので、無理なストレッチや

無謀なストレッチは止めておいたほうがいい。

 

 

 

 

一度引き延ばされたじん帯は、

元にはもどらない(もどりにくい)から。

 

 

 

 

ストレッチも適度』が大切。

目安は『気持ちいい』程度。

 

 

 

 

このあたりが、

文章や動画でお伝えするのが難しいところ。

 

 

 

 

柔軟性の2つ目の要素は、

筋肉です。

 

 

 

 

筋肉の伸び縮みがいいと、

血液の循環を良くするので体を内側から活性化させます。

 

 

 

 

血行促進、エネルギー代謝アップ、

内臓の働きを活性化。

 

 

 

 

疲労とは真逆のループですね。

 

 

 

 

ぜひとも、

筋肉の柔軟性は獲得したいところ。

 

 

 

 

では、

筋肉が硬くなる原因は何でしょうか?

 

 

 

 

原因は色々ありますが、

やっぱり長時間の不良姿勢。

 

 

 

 

偏った体の使い方は、

偏った部分の筋肉を硬くしてしまうからです。

 

 

 

 

超簡単に

ざっくり説明すると、

 

 

 

 

ずっと猫背なら、

お腹は縮んで硬くなり、

 

 

 

背中は伸び切って弱り、

サボってしまいます。

 

 

 

 

あれ骨かな?と思うほど、

筋肉が硬くなることもあり、

 

 

 

 

そんなとこに筋肉あるの?

と思うほど力が入らないこともあります。

 

 

 

 

筋肉ガチガチで、

じん帯も硬めのあなたは、

 

 

 

 

いつも疲れていて、

いろんなところが痛いのではないでしょうか?

 

 

 

 

そんなあなたに

おススメの疲労回復3点セットは、

 

 

 

☑ 深呼吸

 

 

☑ ストレッチ

 

 

☑ 筋トレ

 

 

 

 

深呼吸して

全身に酸素を送れるようにする。

まずこれは基本です。

 

 

 

 

体にとって酸素は、

栄養のようなもの。

 

 

 

 

深呼吸により、

体の奥にあるインナーマッスルを動かす。

これも目的のひとつ。

 

 

 

 

体の奥にある筋肉は意識しにくいので、

サボりがちになりやすい。

 

 

 

 

奥の筋肉がサボると、

外側の筋肉が頑張りすぎて

体がガチガチに硬くなります。

 

 

 

 

筋肉のバランスを取るためにも、

深呼吸は有効な手段なのです。

 

 

 

 

そして、

硬くなってしまった筋肉には、

ストレッチをかけていきます。

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングでは、

 

 

 

 

筋肉が石のように硬くなってしまって、

ツラすぎる時には、手技を使って緩めることもあります。

 

 

 

 

硬くなった筋肉が緩めば、

サボっていて弱くなった筋肉は、

 

 

 

 

あら不思議…

当たり前と言えば、当たり前なのですが、

 

 

 

 

めっちゃ、

動きやすくなるんです。

 

 

 

 

サボって弱くなった筋肉に

刺激をいれるトレーニングは、

 

 

 

 

筋トレは筋トレなのですが、

マシンを使ったトレーニングとは異なり、

 

 

 

 

サボっていて、

指令が行かなくなった筋肉に意識を向け、

 

 

 

 

ギューッと

力を入れるイメージです。

 

 

 

 

このことを、

多くのトレーナーや治療家さんが、

『関節の機能改善』コンディショニングと表現しています。

 

 

 

 

体が硬いガチガチさんには、

まず『関節の機能改善』コンディショニングがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

疲労回復トレーニング

デスクワークは喫煙より危険⁈

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは『デスクワークの疲労』です。

 

 

デスクワークは『喫煙』より危険!?

 

 

 

 
 
タバコを1本吸うことは
寿命を11分減らし、
 
 
 
 
テレビを1時間視聴するごとに
(25歳以降)
 
 
 
 
寿命が21.8分、
短くなるという研究報告がある。
 
 
 
 
また、
世界保健機関(WHO)では、
 
 
 
 
座りすぎることは、
世界中で毎年約320万件の死亡を引き起こし、
 
 
 
 
予防できる死亡原因の第4位としている。
 
 
 
 
ま、まさか…
座ることがそんなに体に悪いなんて、
 
 
 
 
ちょっと衝撃ですね。
 
 
 
 
実は、
私はこれを実感することがあります。
 
 
 
 
その理由は、
私のパーソナルのお客様も、
 
 
 
 
長時間のデスクワークや長距離運転で、
ポンコツBODYになっている方が多いからです。
 
 
 
 
死亡率さえ高めてしまう、
座りすぎやデスクワーク。
 
 
 
 
まさに現代の
健康キラートップと言えそうです。
 
 
 
 
座ることの何が悪いのでしょうか?
 
 
 
 
1.長時間同じ姿勢を続けると疲れる
 
→ 座りっぱなしも、立ちっぱなしも疲れます。
 
 
 
 
2.座っていると、特定の筋肉に負荷がかかり、
関節の機能不全を引き起こす。
 
→ 症状としては、肩こり・腰痛が最も多いです。
そこから始まる体調不良ですね。
 
 
 
 
3.座ることは、動いていないことなので、
心肺機能が低下する。
 
→ 寝たきりよりはマシだけど…
 
 
 
 
じゃあ、
どうしたらいいんですか?
 
ということになりますよね。
 
 
 
 
私の一番のオススメは
スタンディングデスクに変えること。
 
 
 
 
はい、もう座らず、
立って仕事しましょうよ!
 
 
 
 
体力もつきますし、一石二鳥です。
 
 
 
 
座りっぱなしの問題を
全て解決できます。
 
 
 
とは言え、
ポテトチップスは止められても、
座らないで仕事をすることは難しい方も多いですよね(^^;
 
 
 
今からすぐできる解決策

 

 

良い姿勢で座るのは

もちろんなのですが、、、

 

 

 

 

 
 
簡単にできることがいくつかあるので、
ぜひやってみてください(^_-)-☆
 
 
 
□ こまめに水を飲みましょう
 
 
 
□ トイレに行きましょう
 
 
 
□ 作業に飽きたら、別の作業をはさむ
 
 
 
水を飲むことで
副交感神経が優位になり、
 
 
 
 
トイレに立って行くことで
血流がよくなり、疲労物質を尿から排出できます。
 
→ トイレは正当な休憩・運動ですね♪
 
 
 
 
また『飽きる』は疲労のサインなので、
別の作業を行うことで疲労の蓄積を防ぎます。
 
 
 
 
60分に1回ぐらいはトイレに立ち、
疲労をこまめに回復させることで、
 
 
 
 
ハイパフォーマンスを持続させやすくなります。
試してみてくださいませ!
 
 
 
 
ご質問やお問い合わせは、
お問い合わせページからお願いします。
 
 
 
 

 

 

 

生活習慣