福岡 パーソナルトレーニング 加圧トレーニング

福岡で唯一 疲労回復専門パーソナルトレーニング&コンディショニング

人間関係で疲れる人と疲れない人の違いとは?

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

 

本日のテーマは『人間関係』です。

 

 

 

人間関係で疲れる人と疲れない人の違いとは?

 

 
 
『疲労』と言えば!!
 
 
 
 
人間関係のストレスで、
精神的に疲れている人も多いですよね。
 
 
 
 
例えば、
 
 
☑ 人によって態度を変える上司
 
 
☑ 家事に感謝をしない旦那
 
 
☑ 宿題や片付けをしない子供
 
 
☑ 思い通りに動かない部下
 
 
☑ 勝負どころでミスをする選手
 
 
 
 
あなたは他人
イライラしたことはありますか?
 
 
 
 
まぁ、誰しも多少は『イラッ』
しそうではありますが、
 
 
 
 
他人が原因でイライラしっぱなしの人は
あることに気がついていません。
 
 
 
 
それは…
 
 
他人を『コントロール』することはできない
 
 
ということ。
 
 
 
 
他人に対して、
 
 
 
☑ 分かって欲しい
 
 
☑ 認めて欲しい
 
 
☑ ~な人であって欲しい
 
 
 
などの思い『だけ』に、
取り憑かれています。
 
 
 
 
だけど、
他人をコントロールすることはできません。
 
 
 
 
他人は、
自分の思い通りにはならないので、
イライラして『疲れる』のです。
 
 
 
 
では、他人にイライラしない人は、
どう考えて行動しているのか?
 
 
 
 
まず、
他人をコントロールすることは
できないということを『認め』、
 
 
 
他人をどうにかしようとかなど、
コトンロールすることは考えていません。
 
 
 
 
そう、、、
他人をどうにかにしようなど、
全く考えてもいないし、
相手に期待するだけということもありません。
 
 
 
 
集中しているのは、
自分がコントロール出来ることだけ
 
 
 
 
自分がコントロールできることとは、
他ならぬ『自分』です。
 
 
 
 
コントロールできる『自分』のこと
だけに集中しているのです。
 
 
 
 
 
例えば、
 
 
☑ 自分がどう『在りたい』か
 
 
☑ 自分が『何をする』のか、
 
 
 
だけに集中しています。
 
 
 
 
ここで、実際にあった
あるエピソードをご紹介します。
 
 
 
 
昔のお客様の話です。
お客様には許可を得て書いています。
 
 
 
 
息子さんが大した勉強もせずに、
大学入試に失敗して、
 
 
 
 
一浪するか、親の家業を継ぐかで、
家族会議が行われたことがありました。
 
 
 
 
父であるご主人は、
就職すればいいと考えておいでだったようですが、
 
 
 
 
息子さんは、
あと一年だけ進学のために
頑張りたいということで、
 
 
 
 
一浪して予備校に
いくことになりました。
 
 
 
 
春からは予備校生となった息子さんですが、
マイペースな方なのでしょうね。
 
 
 
 
予備校をサボって、
しばしば公園で遊んでいたそうです。
 
 
 
 
あなたなら、
どう感じますか?
 
 
 
 
勉強もぜすに受験に失敗し、
就職する道はあったのに、
本人の希望で予備校に行きました。
 
 
 
 
もちろん高額な予備校の学費は
親が払っています。
 
 
 
 
そんな息子が、
予備校をサボって公園で遊んでいます!
 
 
 
 
あなたなら、
どんな行動をとりますか?
 
 
 
 
母であるお客様も多少は呆れて、
イラっとしたかもしれませんが、
 
 
 
 
息子があと一年って言ったのだし、
もし、だめでも本人が受け入れるしかない。
 
 
 
 
せめて、
息子が健康な体で頑張れるように
毎日栄養たっぷりの美味しいお弁当を作ろう!
 
 
 
 
と思ったそうです。
 
 
 
 
そして毎日美味しいお弁当を作り、
息子さんの健康を支え、
 
 
 
 
結果はお見事!
本当に難関の超エリート大学に
合格されました。
 
 
 
 
息子さんが公園で
サボっていたからと、
 
 
 
☑ 自分があと一年頑張るって言ったんでしょ
 
 
☑ 予備校の学費がいくらかかると思っているの
 
 
☑ ちゃんと勉強しなさい!
 
 
 
と責めていたら、
 
 
 
 
結果はともかく、
みんながどんな気持ちになっていただろうか?
 
 
 
 
と考えてしまいます。
 
 
 
 
何をするにしても、
どんな気持ちでやるかって、
とても大切です。
 
 
 
 
母であるお客様は、
自分のコントロールできることだけに集中し、
 
 
 
 
自分ではない
コントロール不可能な息子さんに影響を与え、
一番いい結果に結びついたのではないでしょうか。
 
 
 
 
これは、お弁当を作れば、
あなたの息子や娘が希望する大学に
合格するという話ではありません。
 
 
 
 
もっと条件や状況が
厳しい方がいらっしゃるように、
 
 
 
 
自分だけがコントロールできる『何か』は、
人それぞれです。
 
 
 
 
また、
その『何か』を間違えてしまったら、
思うような結果にはならないでしょう。
 
 
 
 
他人を変えて、
コントロールすることは出来ないけど、
 
 
 
 
自分が変わることで、
他人に『影響』を与えることはよくあります。
 
 
 
 
私も昔は
よくイライラしていましたが、
 
 
 
 
自分がコントロールできることだけに
集中するという考え方を知り、
 
 
 
 
人間関係にストレスを感じることはなくなり、
疲れずに生きられるようになりました!
 
 
 
 
自分のコントロールできることだけに
集中する前に、
 
 
 
 
もうひとつ!
知っておいたほうがいいことがありますので、
また書きますね。
 
 
 
 
 

 

人間関係

疲労とは何なのですか?どうしたらいいですか?

 


ハイパーリカバリーラボ福岡

トレーナー兼セラピストの宮本です。

 

本日はよくあるご質問にお答えします。

 

 

 

そもそも、疲労とは何なのですか?どうしたらいいですか?

 

 

ひとくくりに疲労と言っても、

何を『疲労』と言っているのでしょうか?

 

 

 

 

このHPやブログに書く内容を、

可能な限り、正確にお伝えできるように、

 

 

 

 

分かっているようで、

あいまいな「疲労」について、

定義しておこうと思います。

 

 

 

 

と言っても、

私が定義したのではなく、

日本疲労学会が定義したものを引用します。

 

 

 

 

疲労とは、

 

一般に運動や労力などの身体作業(運動)負荷、

 

 

 

あるいは

デスクワークなどの精神作業負荷を

連続して与えられたときにみられる、

 

 

 

 

身体的パフォーマンスあるいは

 

精神的パフォーマンス(作業効率)低下減少」

 

引用ここまで

 

 

 

 

 

具体的には、

 

☑ 行動量や思考力、刺激に対する反応が低下する。

 

 

☑ 注意力が衰えて散漫になる。

 

 

☑ 動作が緩慢になる。

 

 

☑ 気分が滅入る。

 

 

☑ 視野が狭くなる

 

 

☑ 体のどこかが痛くなる。

 

 

 

などの変化が現れます。

 

 

 

 

ちょっと分かりにくいですね!

 

 

 

 

めちゃくちゃ簡単に言うと、

 

 

◇ 頭がボーっとして、

 

◇ 体もだるいし、

 

◇ やる気もでないし、

 

◇ 肩や腰も痛いし、

 

◇ 目がしょぼしょぼするし、

 

◇ イライラするし、

 

◇ 動きたくないよー

 

 

 

あー

疲れたよ!

休みたいよ!

もう嫌!

 

 

といった感じでしょうか。

 

 

 

 

1999年の厚生労働省が実施した

疲労の疫学調査では、

 

 

 

 

「現在、疲れやだるさを感じていますか?」

という質問に対して、約6割が「感じている」と答えています。

 

 

 

 

そして約4割の人が、

半年以上続く慢性的な疲労を感じていると回答しました。

 

 

 

 

また、

2018年のあるインターネットの調査では、

約7割の人が慢性的な疲労を感じていると答えています。

 

 

 

 

慢性疲労による純粋経済損失は

年間4000億円とも報告されており、

 

 

 

 

国としても、

無視できない『損失』ですし、

 

 

 

 

なんと言っても、

疲れている本人はとてもツライですし、

 

 

 

 

疲労の蓄積が死に至る病気

引き起こしてしまうこともあります!

 

 

 

 

疲労に気がつけるうちはまだいいけど、

そのうち痛みや疲労感に鈍くなり、

 

 

 

 

気が付かないうちに『ぽっくり』

なんてことにもなり兼ねないのです。

 

 

 

 

ここまで読んでいただいて、

疲労の定義とデメリットについては

ご理解いただけましたか?

 

 

 

 

では、

どうしたらいいですか?

ということになるですが、

 

 

 

疲労には3種類あります

 

 

① 肉体的な疲労

 

 

② 精神的な疲労

 

 

③ 神経的な疲労

 

 

 

運動をしすぎると、

筋肉を動かすためのエネルギーが枯渇して動けなくなります。

 

 

 

 

また、逆に運動不足や

同じ姿勢を長時間続けることによっても『疲労』します。

 

 

 

 

これが①肉体的な疲労です。

 

 

 

 

人間関係のトラブルや家庭問題、

仕事のプレッシャーが引き金となり、

 

 

 

 

イライラ、不眠、食欲不振、

鬱状態になったり、

 

 

 

 

精神的な疲れを感じる状態が

②精神的な疲労です。

 

 

 

 

長時間の細かい作業やパソコン作業で、

集中力が低下したり、物覚えが悪くなったりするのが、

③神経的な疲労です。

 

 

 

 

これらの『疲労』は、

複合して発生することが多いです。

 

 

 

 

例えば、

一日中パソコンに向かっていれば、

 

◇ 目は疲れるし、

 

◇ 同じ姿勢で体も疲れるし

 

◇ 飽きるし、

 

◇ 飽きれば、病んでくる…

 

 

 

まさに!

3種類の『疲労』の複合ですね。

 

 

 

 

この疲労に対抗する方法は以下の3つ!

 

 

 

① 疲労させない生活習慣

 

 

② 疲労しにくい体の使い方

 

 

③ 疲れを回復させるハイパーリカバリー

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングでは、

体の疲れを癒し回復させるところからアプローチしますが、

 

 

 

 

多くの方が、

①疲れさせない生活習慣を実践していません

 

 

 

 

生活習慣とは、

 

こまかく分ければ、

たくさんのテクニックがありますが、

 

 

 

 

大きな要素は、

睡眠、食事、運動の3つ

 

 

 

 

②の疲労しにくい体の使い方

 

これも場面場面で

多くのテクニックがありますが、

一言で表現するならば『姿勢』です。

 

 

 

 

これは、

一度はトレーナーなどの専門家に

見てもらうのをオススメします。

 

 

 

 

本に書いてあることは、

嘘ではないかもしれませんが、

正確に実践することはかなり難しいと感じます。

 

 

 

 

③疲れを回復させるハイパーリカバリー

 

最強のハイパーリカバリーは、

『良質な睡眠』です。

 

 

 

 

私が

提供させていただいているのは、

 

 

 

 

良質な睡眠を得やすくなる

手技を使った疲労回復のコンディショニングです。

 

 

 

 

石のように硬くなった筋肉を

強く揉みほぐすことなく、柔らかくし、

 

血流が改善し、痛みも軽減

 

 

 

 

引き延ばされて弱くなった

『サボっている』筋肉には力を入れます。

 

関節の機能改善、動きやすくなる

 

 

 

 

このコンディショニングの施術は、

多くのお客様から喜びの声をいただいておりますが、

 

 

 

 

このような施術は、

一度を受けていただかないと、

 

 

 

◇ 自分に合っているか

 

◇ 気に入るか?

 

 

 

分からないと思いますので、

 

 

 

 

いつも疲れていてツライ!

 

若い頃のように

ハイパフォーマンスな体が欲しい!

 

 

 

 

と思われる方は、

今すぐHPをよくお読みになり、

 

 

 

 

ぜひ一度、体験トレーニングにて

ハイパーリカバリーをお試しください。

 

 

 

 

 

 

よくある質問