福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

O脚を改善させて、変形性膝関節症を予防しよう!!

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「O脚を改善させて、変形性膝関節症を予防しよう!!」

 

についてです。

 

 

 

変形性膝関節症とは?

 

変形性膝関節症は、

 

 

膝関節の軟骨や半月板が

徐々に損耗していくことで、

ゆっくりと時間をかけて進行していきます。

 

病気は、

初期、中期、末期の三つの病期で進行していきます。

 

 

 

 

初期は、

軟骨のすり減り少なく、

膝関節の変形も少ないですが、

 

 

 

 

滑膜が炎症を起こしていて、

強い痛みが出やすいです。

 

 

 

 

中期は、

関節の変形が始まり、

痛みは慢性化し、日常的な動きが辛くなってきます。

 

 

 

 

末期は、

軟骨がほとんどすり減り、

骨と骨がぶつかっています。

 

 

 

 

歩く・座る・立つといった

日常の動作に支障をきたすようになります。

 

 

 

 

いきなり、

 

はい!!

今日からあなたは変形性膝関節症です

 

 

 

 

というわけではないので、

予防や対策をしていきましょう。

 

 

 

どんな人が変形性膝関節症になるのか?

 

変形性膝関節症の方に目立つのが、O脚の人です。

O脚の人は、

太ももの骨と脛の骨の末端が

内側によって負荷がかかっている状態です。

 

 

 

 

O脚の状態で、

体を使い続けると、

 

 

 

 

軟骨や半月板の内側が

すり減りやすく、膝の内側に痛みが出やすいです。

 

 

 

 

ということは、

 

O脚を改善させると、

変形性膝関節症の予防にもなると言えますね。

 

 

 

 

O脚では、

ミニスカートやスキニーを着こなせないと、

 

 

 

 

見た目を気にする方もいますが、

O脚改善は、将来の膝痛予防になります。

 

 

 

なぜ、O脚になるのか?

 

 

O脚は、

股関節から膝までに関しては、

 

 

 

 

骨盤、股関節から膝までを支える

内転筋という筋肉がサボっていると、

 

 

 

 

その働きを補うために、、、

 

 

 

 

太ももの外側の筋肉、

背骨から股関節までの筋肉が

頑張ることになり、硬くなります。

 

 

 

 

その結果、

骨盤から膝までがO脚になります。

 

 

 

 

膝から、足首までを支える筋肉、

腓骨筋がサボルと、、

 

 

 

 

脛の内側が硬くなり、

内側を向いて、膝下がO脚になります。

 

 

 

 

内転筋と腓骨筋という筋肉を

しっかり働かせてあげると、膝が前を向きO脚が改善します。

 

 

 

 

もちろん、

予防するのが一番いいのですが、

 

 

 

 

気が付けば長年O脚で、

すでに膝が痛いというあなたでも、

 

 

 

 

この筋肉を鍛えることで、

膝の関節が正しく働くようになります。

 

 

 

 

また、すでに

人工膝関節の手術をした方で、

病院でのリハビリが終わった方でも、

 

 

 

 

術後の筋肉のこわばりを解消するため、

一生自分の脚で歩くためには、運動やトレーニングが必要です。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

O脚を改善し、

 

 

いくつになっても

ダイナミックに動ける体になりませんか?

 

 

あなたの「やりたいこと」を楽しめる体を手にいれませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディメイク 膝の痛み

この記事に関連する記事一覧