福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

膝の痛みを悪化させてしまう動きについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みを悪化させてしまう動きについて」

 

についてです。

 

 

 

膝は基本的に屈伸しかしない

 

 

 

 

膝はその構造上、

曲げたり、伸ばしたりすることしかできません。

 

 

 

 

真横に曲げたり、

膝関節自体を捻ることはできない構造になっています。

 

 

 

 

構造上は曲げ伸ばししか

できないのですが、

 

 

 

 

膝につながっている

筋肉の働きが偏ると、、、

 

 

 

 

内側や外側に

捻じれやすくなる動きや姿勢が生まれて、

 

膝関節に大きな負担になります。

 

 

 

 

膝に負担がかかる動き:正座

 

 

 

 

正座は膝に一番負担がかかる姿勢です。

 

 

 

 

膝関節の正常な屈曲角度は

140度と言われていますが、

正座をした時の屈曲角度は160度にもなります。

 

 

 

 

膝が痛いときには、

正座は痛みを悪化させてしまうのでNGです。

 

 

 

膝に負担がかかる動き:脚を組むクセ

 

 

 

 

 

膝は曲げた状態だと、

捻じれやすくなるので、

 

 

 

 

脚を組むのは、

膝の痛みが悪化しやすくなるクセです。

 

 

 

膝に負担がかかる動き:横座り

 

 

横座り:別名 お姉さん座り

 

この座り方は、

女性に多いと思います。

 

 

 

 

私は、

横座りはしないですが、

横座りのように膝を捻りながら起き上がるクセがあります。

 

→ よくないですね

 

 

 

 

横座りは、

膝が内側に向いて、足首が外を向きます。

 

 

 

 

これは膝本来の動きとは

異なる動きとなり、膝の内側の靭帯が伸びやすくなります。

 

 

 

 

これも膝に負担がかかるクセです。

 

 

 

 

骨盤も歪みやすくなり、

背骨も曲がりやすくなるので、

 

横座りのクセは改めましょう。

 

 

 

 

対策としては、

自分のクセを知り、改めること。

 

 

 

 

そして、

意外に思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

足首をケアして、

柔らかくすることです。

 

 

 

 

足首が硬くなると、

しゃがむ動きがしにくくなります。

 

 

 

 

しゃがむためには、

膝をより曲げるしかなく、

 

 

 

 

階段を降りる時も

より膝を曲げて降りるしかないので、

膝に負担がかかります。

 

 

 

 

私も先日、

犬の散歩で滑って転んで捻挫しました。

 

 

 

 

足首が曲がりにくいので、

階段が降りにくいです( ;∀;)

 

 

 

 

クセを見直し、足首をケアします!

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

この記事に関連する記事一覧