福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

膝の痛みが起こるメカニズムについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みが起こるメカニズムについて」

 

についてです。

 

 

 

大腿四頭筋のトレーニングは「まだ」するな!!

 

 

膝が痛いと言うと、

膝の筋肉が弱くなっていると考えられるので、

 

 

 

 

膝のまわりの筋肉、

大腿四頭筋、腿の前側の筋肉を鍛えるために、

 

 

 

 

レッグエクステンションをすることがあります。

 

 

 

 

 

でも、、、

 

膝に痛みを感じているのなら、

「まだ」腿の前側の筋肉は鍛えないでください。

 

 

 

膝の痛みが起こるメカニズムについて

 

 

膝が痛くなる根本的な原因として、

膝まわりの筋肉が弱くなっている、働いていないということが考えられます。

 

 

 

 

そこで、

レッグエクステンションなどで、

腿の前側の筋肉を鍛えるように進められることがよくあります。

 

 

 

 

が、、、

 

 

 

 

腿の前側の筋肉を鍛えても

あまり改善を感じられないか、

悪化してしまった人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

その理由は、

膝が痛くなる原因は、

 

 

 

 

腿の前側の筋肉というよりも

内側の筋肉が弱くなってサボっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝、腿の内側の筋肉とは、

内転筋群と内側ハムストリングスという筋肉です。

 

 

 

 

これらの内側の筋肉は、

弱くなりやすく、サボリがちです。

 

 

 

 

内側の筋肉がサボっていると、

 

 

 

 

その働きを補うために、

腿の前や横の筋肉が硬くなります。

 

 

 

 

膝のまわりの筋肉を整え、

働きやすくして強くするためには、

 

 

 

 

サボリがちな筋肉

=サボリ筋を鍛えて、

 

 

 

 

頑張りすぎて硬くなった筋肉

=ガンバリ筋を緩める必要があります。

 

 

 

 

しかし、膝を伸ばす動き、

レッグエクステンションでは、

弱くなった内側の筋肉は働きにくい上に

 

 

 

 

頑張りすぎて硬くなった

筋肉のばかりが働きやすくなるので、

 

 

 

 

改善しないだけでなく、

痛みが悪化してしまうことが多いのです。

 

 

 

 

膝関節を守る筋肉を鍛えて、

正しく働かせるためには、

 

 

 

 

まず、弱くなったサボリ筋だけを働かせます

 

 

 

 

膝の関節を整えていくには、

鍛えていく順番がとても重要です。

 

 

 

 

膝関節を正しく働かせて、

 

いくつになっても

ダイナミックに動き、

 

あなたの「やりたいこと」に挑戦しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

この記事に関連する記事一覧