福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣」

 

についてです。

 

 

 

膝の痛みが悪化してしまう意外な習慣

 

 

一般的には

体に良いとされることで、

膝の痛みを悪化させてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

それは、

ウォーキングやランニングです。

 

 

 

 

筋肉をつけようと思って、

ウォーキングを始める方って多いのですが、

 

 

 

 

膝に痛みがある時には、

しない方がいいです。

 

 

 

 

膝に痛みがあるときは、

膝の内側の筋肉が弱くなっていたり、

 

 

 

 

O脚やX脚のように

膝が捻じれている状態です。

 

 

 

 

膝が捻じれて

歪んでいる状態で動くと、

 

 

 

 

その歪みや捻じれを強化しているのと同じです。

 

 

 

 

家だって、

柱がしっかりしていない時に、

地震で強い衝撃を受けたら壊れますよね。

 

 

 

 

ウォーキングやランニングは

とても良い運動だと思いますが、

 

 

 

 

膝に痛みがあるときは、

弱くなっている筋肉をしっかり働かせて、

 

 

 

 

膝関節を整えてから、

ウォーキングを始めるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

膝が痛いときのスクワットはNG!

 

 

スクワットは脚だけではなく、

体幹やお尻、背中も鍛えることができる

とても優秀なトレーニングメニューです。

 

 

 

 

 

スクワットは

体重を支えるような動きで、

様々な筋肉が働くトレーニングですが、

 

 

 

 

膝が痛いときには、

膝の内側の筋肉が弱くなっていることが多く、

 

 

 

 

スクワットをしても、

使いやすい筋肉ばかりが働いてしまい、

膝への負担が増えてしまいます。

 

 

 

 

膝の痛みが解消して、

さらに動きを速く、強くするために、

スクワットを行うのはいいのですが、

 

 

 

 

まずは、

弱くなっている筋肉を働かせ、

膝の痛みを解消しましょう。

 

 

 

膝の痛みを伴うストレッチはNG!

 

 

膝痛解消のストレッチとは、

腿の前の筋肉を伸ばすことが多いです。

 

 

 

 

この時、

腿の前の筋肉が伸びていて

気持ちが良いくらいの痛みならOKです。

 

 

 

 

でも、

筋肉ではなく、

 

 

 

 

膝の関節自体に

痛みを感じるようであれば、

そのストレッチはしないでください。

 

 

 

 

膝が痛いときとは、

膝が捻じれていたり、歪んでいて、

 

 

 

 

膝がズレるような

動きの時に痛みがでます。

 

 

 

 

ストレッチをしている時に、

膝関節自体に痛みが出ているのであれば、

 

 

 

 

膝に負担がかかっているので、

そのストレッチはやめておきましょう。

 

 

 

 

世の中には

多くの健康・栄養・トレーニング情報があふれています。

 

 

 

 

確かに間違いではないけど、

それは、今のあなたには合っていない方法かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

この記事に関連する記事一覧