福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎の原因と解消方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎の原因と解消方法について」

 

についてです。

 

 

 

膝の外側が痛みについて

 

 

膝の外側が痛む場合、

腸脛靭帯炎と考えられることが多いです。

 

 

 

 

別名ランナー膝とも言われ、

長時間走る人に多いようです。

 

 

 

 

 

 

なぜ、膝の外側が痛くなるのか?

 

 

 

 

膝の外側には

大筋膜張筋という筋肉があり、

膝関節付近は腸脛靭帯という靭帯になっています。

 

 

 

 

大筋膜張筋が緊張して硬くなると

膝の外側に負担がかかり痛みが出ます。

 

 

 

 

痛みが出やすい場所は2か所で、

赤まるで囲んでいる箇所で、

 

 

 

 

腸脛靭帯がついているところと、

大筋膜張筋が緊張して硬くなると、腸脛靭帯が擦れてしまうところです。

 

 

 

 

膝の外側の痛みを解消する方法

 

 

一般的には、

硬くなった脚の外側、大筋膜張筋のストレッチを進められることが多いです。

 

 

 

 

でも、、、

 

なぜ、外側の筋肉が

頑張りすぎて硬くなるのかというと、

 

 

 

 

膝の内側の筋肉、

内側ハムストリングスが弱くなっているからで、

 

 

 

 

内側の働きをカバーするために

外側が過剰に働いているためです。

 

 

 

 

だから、

膝の外側の痛みを解消するためには、

膝の内側、内側ハムストリングスを鍛えていきます。

 

 

 

 

すると、、、

 

外側の筋肉が緩むので、

楽にストレッチができるし、痛みも軽減しますよ。

 

 

 

 

また、

偏平足の人はつま先が外に向きやすく、

脛が外側に捻じれやすいので、膝の外側に痛みが出やすくなります。

 

 

 

 

場合によっては、

足首のトレーニングも必要になります。

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

この記事に関連する記事一覧