福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

膝の内側の痛み、鵞足炎の原因と解消する方法について

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「膝の内側の痛み、鵞足炎の原因と解消する方法ついて」

 

についてです。

 

 

 

鵞足炎(がそくえん)とは?

 

 

鵞足(がそく)とは、

膝下から5センチほど下の脛の内側で、

縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉がくっついている場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝下の膝の内側付近が痛い人は、

この鵞足という場所に炎症があり、痛みが出ていることが多いです。

 

 

 

 

膝の内側、鵞足に痛みが出る原因

 

 

鵞足部分に付着している

半腱様筋は硬くなりやすい筋肉です。

 

 

 

 

半腱様筋とは、

ハムストリングス、

腿の裏側の筋肉ですね。

 

 

 

 

前屈しにくいとか、

猫背でガニ股歩きのクセ、

骨盤が後傾していて姿勢が悪い人は、

 

 

 

 

腿の裏側が硬くなっています!!

 

 

 

 

 

 

半腱様筋が硬くなると、

膝を伸ばそうとしても膝が伸びにくくなり、膝を捻じる強いストレスになります。

 

 

 

 

酷くなると、

膝はさらに伸びにくくなり、ガニ股になり、

 

 

 

 

そのまま放置すると、

 

O脚→半月板にまで損傷し、

変形性膝関節症になるリスクが大幅にアップしてしまうことに…

 

 

 

 

膝の内側の痛み、鵞足炎を解消する方法

 

 

膝の内側の痛み、

鵞足炎を解消するためには、

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋を

緩めてあげることがポイントになります。

 

 

 

 

ここでストレッチしたくなるのですが、

腿の裏側が本当に硬い人に、いきなりストレッチはかなり痛いです。

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋が硬い人は、

内転筋という筋肉が弱くなっています。

 

 

 

 

腿の裏側、半腱様筋は、

内転筋がサボっていたので、

その働きを補うために頑張りすぎていたんですね。

 

 

 

 

だから、

 

まず、内転筋が働くようにトレーニングします。

 

 

 

 

すると、

腿の裏側、半腱様筋は、柔らかくなりますよ。

 

 

 

 

内転筋トレーニングしてから、

ストレッチをしてあげると非常に効果的です。

 

 

 

 

ここまで整えることができたら、、、

 

 

姿勢や歩き方を意識すると、

さらに効果的ですが、

 

 

 

 

さらに言うと、、、

 

 

さほど意識しなくても、

すでに姿勢や歩き方は変わり始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み

この記事に関連する記事一覧