福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

腰痛・椎間板ヘルニアを悪化させてしまう3つの習慣

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「腰痛・椎間板ヘルニアを悪化させてしまう3つの習慣」

 

についてです。

 

 

 

椎間板ヘルニアとは?

 

 

 

腰椎を構成する椎骨と椎骨の間の

椎間板にヒビが生じ、

 

 

 

 

中身の髄核が飛び出して、

神経に当たることで炎症を引き起こして、

足腰に激痛やしびれが現れます。

 

 

 

 

排尿障害がある場合は、

命にかかわるので、即手術になることもあります。

 

 

 

 

急激な衝撃で

椎間板ヘルニアを発症させてしまうこともありますが、

 

 

 

 

日々の悪習慣のせいで、

徐々に椎間板ヘルニアになってしまったのなら、

 

 

 

 

その悪習慣を改善することで、

自然治癒することも可能です。

 

 

 

 

白血球のマクロファージ「食細胞」が

飛び出した髄核を異物とみなして溶かすことで、

自然治癒することが確認されています。

 

 

 

 

痛みがあるときは、

消炎鎮痛薬などで痛みを散らしながら、

安静にする時期もあると思いますが、

 

 

 

 

日々の生活習慣の改善で、

腰痛・椎間板ヘルニアの改善させることは可能です。

 

 

 

 

腰痛・椎間板ヘルニアを悪化させてしまう3つの習慣

 

 

1:同じ姿勢を長時間続ける

 

 

 

2:悪い姿勢で座っている

 

 

 

3:何度も腰を屈める

 

 

 

ひとつつずつ説明していきます。

 

 

 

 

1:同じ姿勢を長時間続けるということは、

 

 

同じ筋肉を使い続けるということなので、

特定の筋肉に負担がかかります。

 

 

 

 

普通に考えて、

ずっと立ちっぱなし、

座りっぱなしは疲れますよね。

 

 

 

 

適度に休憩をとって、

軽るめのストレッチや運動でリフレッシュしましょう。

 

 

 

 

2:悪い姿勢で座っている

 

 

 

実は、立っている時よりも、

座っている時の方が腰に負担がかかっています。

 

 

 

 

立っている < 座っている < 背中を丸めて座っている

 

 

 

 

腰への負担は、

背中を丸めて座ると大きくなります。

 

 

 

 

長時間の運転、

長時間の事務作業がお仕事の方は、

腰痛に悩んでいる方が多いですよね。

 

 

 

 

会社にお勤めの方は

難しいかもしれませんが、

 

 

 

 

思い切って(社長にお願いして)

机をスタンディングデスクに変えてみるのもおススメです。

 

 

 

 

長時間の運転をする場合は、

座席と腰の間にクッションを挟んで、

負担を軽減させるといいですよ。

 

 

 

 

私はペットボトルを挟むのがお気に入りです(笑)

 

 

 

 

3:何度も腰を屈める

 

 

 

何度も前屈みに

なるような作業を続けていると、

 

 

 

 

腰痛や椎間板ヘルニアに

なりやすくなります。

 

 

 

 

物を拾ったり、抱え上げたり、

前屈みの姿勢での作業が必要な場合は、

 

 

 

 

股関節を曲げ、膝を曲げ、

腰をしっかり落とすようにして、

腰への負担を軽くするように体を使うようにします。

 

 

 

 

この使い方をマスターすれば、

ギックリ腰の予防にもなります。

ぜひ、気をつけてみてくださいね。

 

 

 

 

最後に、

椎間板ヘルニアがやっかいなのは、

手術をしても再発してしまう可能性があるということ。

 

 

 

 

関節を守る筋肉を鍛えて、

筋肉のバランスを保てば、

再発のリスクを最小限に抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

腰痛

この記事に関連する記事一覧