福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

腰痛を改善させるための基本的な考え方

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「腰痛を改善させるための基本的な考え方」

 

についてです。

 

 

 

腰痛はマッサージではよくなりません( ノД`)シクシク…

 

 

腰痛は、

国民生活基礎調査によると、

 

 

 

 

男性では体の悩みの第1位、

女性では肩こりについで第2位です。

 

 

 

 

慢性的な腰痛を改善しようと、

マッサージや整体に通っている人は少なくないと思いますが、

 

 

 

 

マッサージは

腰痛の根本的な対策にはなりません。

 

 

 

 

硬くなった筋肉が一時的に緩み、

気持ちがいいし、しばらくは楽になりますが、

 

 

 

 

あなたは、

腰痛を繰り返しているはずです。

 

 

 

 

筋肉が硬くなり、

疲労や痛みを感じる部位には負担がかかっていますが、

 

 

 

 

負担がかかっている

根本的な「原因」は別のところにあります。

 

 

 

 

マッサージは「原因」は無視して、

「結果」モミモミしているだけです。

 

 

 

 

これはでは根本的な対策ではなく、

誤魔化しているに過ぎません。

 

 

 

 

でも、

何をしたらいいのか分からないから、

結局マッサージに通ってしまう。

 

 

 

 

そんなあなたのために、

腰痛の根本的な対策について大切なことをお伝えします。

 

 

 

 

股関節を安定させよう

 

 

腰は腰椎と呼ばれる5つの骨が

ブロックのように積み重なって構成されています。

 

 

 

 

腰(腰椎は)股関節の近くにあり、

動くときはほぼ一緒に動くので、

 

 

 

 

股関節が不安定だったり、

動きが悪かったりすると、、、

 

 

 

 

腰への負担が大きくなって

痛みにつながります。

 

 

 

 

というわけで、

 

腰痛の根本的な対策として、

まず、股関節を安定させることが大切です。

 

 

 

 

股関節を安定させるために大切なこと

 

 

股関節を安定させるために、

重要な筋肉が2つあります。

 

 

 

 

1つは、

腰椎、骨盤、大腿骨をつなぐ

「腸腰筋」という筋肉。

 

 

 

もう1つは、

腰椎の後ろにある

「多裂筋」という腰の奥にある筋肉です。

 

 

 

 

この2つの筋肉が強くなり、

股関節安定すれば、

 

 

 

 

腰を守る力が強くなり、

腰痛は緩和されます。

 

 

 

 

股関節を正しく使う・動かす

 

 

腸腰筋と多裂筋が働くようになると、

お尻の硬くなった筋肉も緩み、股関節は動きが良くなります。

 

 

 

 

股関節の動きが悪いときは、

その動きをカバーするために腰に負担がかかるクセが身についています。

 

 

 

 

例えば、

何か物を拾う時、

股関節ではなく背中を曲げて拾うとか、

 

 

 

 

背中を丸めて顔を洗うとか、

背中を丸めて掃除機をかけるとか、

 

 

 

 

スクワットで言うと、

しゃがむときに背中が丸くなるとか、

 

 

 

 

デッドリフトのとき、

背中が丸くなるとか、、、

 

 

 

 

股関節が動くようになったのに、

使えないままでは意味がないので、

 

 

 

 

日常生活やトレーニングの中で、

安全に股関節を使えるようにインプットしていく必要があります。

 

 

 

 

関節リカバリートレーナー 宮本
関節リカバリートレーナー 宮本
腰痛の根本的対策【まとめ】です!!

 

マッサージは腰痛の根本的な対策にはならない

 

 

腸腰筋と多裂筋を働かせて強くする

 

 

股関節を正しく動かし、使う

 

 

 

 

マッサージの目的は、

腰痛を改善するためだけではないので、

意味がないわけではありません。

 

 

 

 

腰痛改善のためであっても、

トレーニングと組み合わせるなら良いと思います。

 

 

 

 

もし、

股関節を使えるようになっても、

腰の痛みが変わらないのであれば、

別の原因を考える必要があるという指標にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛

この記事に関連する記事一覧