福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

脊柱管狭窄症を悪化させてしまう3つの生活習慣

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「脊柱管狭窄症を悪化させてしまう3つの生活習慣」

 

についてです。

 

 

 

脊柱管狭窄症とは?

 

 

脊柱管狭窄症とは、

腰椎の内部を通る脊柱管が

何らかの理由で狭くなる病気です。

 

脊柱管の中を通る神経が圧迫され、

足腰に痛みやしびれが現れます。

 

 

 

 

神経には血管が通っていて、

神経が圧迫された状態が続くと、

 

 

 

 

血流が悪くなって、

酸素や栄養がとどかなくなり、

強いしびれや冷え、感覚異常、マヒや間欠跛行なども起こります。

 

 

 

 

間欠跛行とは、

こま切れにしか歩けなくなる症状です。

 

 

 

 

圧迫されている神経によっては、

排尿・排便障害が起こることがあり、

早急に手術が必要なこともあります。

 

 

 

 

脊柱管が狭くなる理由

 

椎骨の変形

 

椎体に、

骨棘というトゲのようなものができ、

それが神経を圧迫することがある。

 

 

椎間板の変形膨隆

 

椎間板がつぶれたり、

膨らんだりして、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫すことがある。

 

 

靭帯の肥厚

 

椎骨をつなぐ靭帯が厚くなって

脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することがある。

 

 

腰椎すべり症

 

椎骨どうしがずれることで、

脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することがある。

 

 

変性側弯

 

脊椎が左右に曲がったり、

捻じれたりして、神経を圧迫することがある。

 

 

 

 

このように、

脊柱管が狭くなる理由はいくつかありますが、

 

 

 

 

骨棘ができたり、

椎間板がつぶれたり、

椎骨がずれたりしてしまう根本的な原因には、、、

 

 

 

 

やっぱり「筋力低下」が潜んでいます。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症を悪化させてしまう3つの生活習慣

 

 

腰に負担がかかる習慣は、

脊柱管狭窄症を悪化させてしまいます。

 

 

同じ姿勢を長時間続ける

 

例え良い姿勢であっても、

長時間同じ姿勢を続けると、、、

 

 

 

 

同じ部位の筋肉が

働き続けることになるので、腰には負担がかかります。

 

 

 

 

長時間の運転や

立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事をする場合には、

 

 

 

 

30分に1回ぐらい軽く動かしたり、

ストレッチをして疲れた筋肉を緩めた方がいいです。

 

 

 

悪い姿勢で座る

 

 

立っているときよりも、

腰を丸めて座っている時の方が、

 

 

 

 

腰に負担がかかっていると、

科学的にも証明されています。

 

 

 

 

背中を丸めて座ると、

背中の筋肉が働かなくていけないので腰が疲れます。

 

 

 

 

良い姿勢を保って座るか、

腰のところにクッションを挟むなどして、姿勢を保つのがオススメです。

 

 

 

 

前屈みの姿勢で何度も作業をする

 

 

例えば、台所仕事、

草むしり、荷物の運搬など、

 

 

 

 

前屈みの姿勢で作業をすると、

腰に負担がかかるので、脊柱管狭窄症を悪化させてしまいます。

 

 

 

 

このような場合は、

前屈みになるときに腰を丸めるのではなく、

 

 

 

 

股関節や膝を曲げて、

脚や体幹の筋肉を使って体を動かすようにします。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症は、

運動療法を何もしなければ、

手術をしても再発することも多く、

 

 

 

 

例え術後であっても、

背骨が安定して、傷口がふさがれば、

 

 

 

 

主治医の判断の元、

リハビリやトレーニングを開始しましょう。

 

 

 

 

そして、

早期発見、早期に対応すれば、

脊柱管狭窄症の進行を抑えることは可能です。

 

 

 

 

いくつになっても

ダイナミックに動き、

 

あなたの「やりたいこと」を叶えませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛

この記事に関連する記事一覧