福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

ギックリ腰を予防する方法

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「ギックリ腰を予防する方法」

 

についてです。

 

 

 

ギックリ腰とは?

 

 

ギックリ腰は「病名」ではありません。

いわゆる急性腰痛のことで、

腰の捻挫とも言われていますが、

 

 

 

 

原因はいくつかあるようで、

なぜ突然痛み出すのかは分かっていないと言われています。

 

 

 

 

ギックリ腰は、、、

 

 

 

☑ 重いものを持ち上げた時

 

 

☑ 前屈みになった時

 

 

☑ くしゃみをした時など、

 

 

 

 

ちょっとした動きがきっかけになっていることが多いです。

 

 

 

 

年齢や性別に関係なく起こり、

体力があっても、スポーツ万能な人でも起こります。

 

 

 

 

ヨーロッパでは

「魔女の一突き」とも言われていて、

 

 

 

 

癖になり、

何度も繰り返してしまうことも多く厄介です。

 

 

 

 

何と言っても、本当に痛いです。

何もできないくらいズキズキ痛みます。

 

 

 

 

ギックリ腰の対処方法

 

 

病院での腰痛の診断としては、

まず「危険信号」がないかチェックされます。

 

 

 

 

〇 大動脈瘤や尿路結石などの内臓疾患がないか

 

 

 

〇 脊椎炎などの感染症ではないか

 

 

 

〇 がんの脊椎転移による腰痛ではないか

 

 

 

 

そして、

坐骨神経痛、あしの痺れ、下肢のマヒなどのチェック緊急性の有無を判断されます。

 

 

 

 

緊急性がなければ、

消炎鎮痛薬を使って痛みを抑えて、

 

 

 

 

安静にして激しい痛みが和らぐのを待つ

というのが一般的です。

 

 

 

 

そして、

症状が落ち着いたら、

 

 

 

 

筋トレなどの運動で、

腰を支える腹筋や背筋、体幹を鍛えましょう

 

 

 

 

と言われることが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

確かにウソではありませんが、

この情報だけでは、

 

 

 

 

腹筋と背筋を鍛えていたら、

またギックリ腰になった!!!

 

 

 

 

という人が多いので、

筋トレが腰痛を改善させる

ということを信じられない人が多いのも納得す。

 

 

 

 

ギックリ腰を予防する方法

 

 

腰椎(腰の骨)の

前側には「腸腰筋」、後ろ側には「多裂筋」がついています。

 

 

 

 

この2つの筋肉のバランスが崩れると、

 

 

 

 

股関節の動きが悪くなり、

腰回りの筋肉が硬くなって痛みます。

 

 

 

 

腰の筋肉のバランスが悪くなった状態で、

 

 

 

 

腰に負担がかかるような動き

キッカケにギックリ腰になることが多いので、

 

 

 

 

〇 腸腰筋と多裂筋のバランスを保つように整え、鍛えること

 

 

 

〇 腰に負担がかからない動きを身につけること

 

 

 

 

この2つは、

ギックリ腰を予防するために必須です。

 

 

 

 

鍛えるのは腸腰筋なのか、

多裂筋なのかは人によって違うので、

それは見極める必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

私のパーソナルトレーニングでは、

あなたに合っているギックリ腰予防トレーニングを提供することが可能です。

 

 

 

 

自分にあったトレーニングが

必要な方は、ぜひ一度体験してください。

 

 

 

 

 

 

 

腰痛

この記事に関連する記事一覧