福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

間違うとヤバイ!!鍛えるべき弱い筋肉と緩めるべき弱い筋肉

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「間違うとヤバイ!!鍛えるべき弱い筋肉と緩めるべき弱い筋肉」

 

についてです。

 

 

 

関節を正しく働かせる方法

 

 

筋肉のバランスをよくして、

関節の動きを正しく働かせる場合、

 

 

 

 

弱くなった関節を守る筋肉に力をいれると、

 

 

頑張りすぎて硬くなった筋肉は緩みます。

 

 

 

 

筋肉のバランスを整えると姿勢はよくなる

 

 

 

硬くなった筋肉には

ストレッチ、

 

 

 

 

弱くなった筋肉には、

トレーニング、

 

 

 

 

基本はこれで正解です。

 

 

 

 

問題は、

弱くなった筋肉には2パターンあって、

 

 

 

 

ひとつは鍛えるべきで、

ひとつは緩めるべきで、

 

 

 

 

その見極めを間違うと、

痛みの症状が悪化してしまう可能性があります。

 

 

 

 

弱くなった筋肉には2つのパターンがある

 

 

弱くなった筋肉=

 

筋肉が力を発揮できない状況には

2つの状態が考えられます。

 

 

 

 

ひとつは、

本当に筋肉がなくて、

筋力も弱い。

 

 

 

 

もうひとつは、

筋肉はあり、筋力もあるんだけど、

 

 

 

 

疲れて硬くなっていて、

力を発揮できなくなっているパターン。

 

 

 

 

この2つの状況は、

当然、対処する方法も逆になります。

 

 

 

 

筋肉もなくて

筋力もない筋肉にはトレーニングだし、

 

 

 

 

緊張して硬くなり、

筋力を発揮できないのなら、

ストレッチなどで緩めるアプローチが必要になります。

 

 

 

 

この見極めを間違えて

アプローチすると症状は悪化してしまいます。

 

 

 

 

 

間違うとヤバイ!!

ですよね。

 

 

 

 

この見極め、

自分でセルフケアをする時には注意が必要です。

 

 

 

 

なので、

パーソナルトレーニングでは

その辺りも間違えないように教えていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

肩こり 腰痛

この記事に関連する記事一覧