福岡 パーソナルトレーニング 関節トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

正しい姿勢を作れば肩こり・腰痛は良くなるのウソ

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

 

全身のあらゆる関節を

正しく使えるように整え

 

 

 

傷つき疲れ果てたポンコツBODYを

ハイパフォーマンス美BODYへ導く関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

 

本日のテーマは、

「正しい姿勢を作れば肩こり・腰痛は良くなるのウソ」

 

についてです。

 

 

 

肩こり・腰痛の原因は何?

 

 

肩や腰の筋肉が

凝ったり疲れたりするのは、

いつも同じ筋肉ばかりを使っているからです。

 

 

 

 

 

関節を守る筋肉が

弱っていてバランスが崩れていると

 

 

 

 

人は使いやすい筋肉ばかりを使うので、

いつも同じところが疲れていきます。

 

 

 

 

知らず、知らずに

偏った筋肉の使い方をしてしまうんですね。

 

 

 

筋肉のバランスが崩れている状態とは?

 

 

例えば、

腰を守る筋肉は、

 

 

 

 

腰の前側の「腸腰筋」

背中側の「多裂筋」です。

 

 

 

 

腰が丸まっている人は、

腰の前側の腸腰筋がガンバリ過ぎていて硬くなっています。

 

 

 

 

逆に腰が反っている人は、

腰の後ろ側の多裂筋がガンバリ過ぎていて硬くなっています。

 

 

 

 

いわゆる、

腰が丸まった「猫背」

腰が反った「反り腰」の姿勢ですね。

 

 

 

 

じゃあ、

胸を張って、骨盤を立てて正しい姿勢を作れば、

 

 

 

 

「肩こり・腰痛はよくなるんじゃない?」

と思いますよね?

 

 

 

これは感覚ですが、

 

無理に正しい姿勢を作って、

肩こり・腰痛が良くなる人は20%ぐらいじゃないでしょうか。

 

 

 

 

実際に、

姿勢が良さそうに見える代表のバレリーナでも、

 

 

 

 

肩こり・腰痛と無縁ではないし、

関節の痛みに悩む人は多いです。

 

 

 

 

正しい姿勢を作れば、

肩こり・腰痛はよくなる…は、ウソです。

 

 

 

正しい姿勢を作れば肩こり・腰痛は良くなるのウソ

 

 

実はこれ、

順番が逆なんです。

 

 

 

 

姿勢が悪いから、

いつも同じところばかりを使って

肩こり・腰痛になる…のではなく、

 

 

 

 

関節を守る筋肉が弱くなって、

バランスが崩れると姿勢が悪くなり、

 

 

 

 

いつも同じところばかりを

使ってしまうから肩こり・腰痛になってしまう。

 

 

 

 

ちょっとのことなんですが、

この事実がとても重要です。

 

 

 

 

実際に、

弱くなっている関節を守る筋肉を鍛えると、、、

 

 

 

 

胸を張ろうとか、

骨盤を立てようとか意識しなくても、

 

 

 

 

筋肉が自然とバランスよく働くので、

よい姿勢や動作につながります。

 

 

 

 

 

 

私も昔は、

よい姿勢を作りましょうねと

日頃から意識してもらうように教えていましたが、

 

 

 

 

今は、していません。

 

 

 

 

関節を守る筋肉を鍛え、

トレーニングの時に動きをインプットしてもらうだけで、

 

 

 

 

簡単に姿勢が良くなるように

なったからです。

 

 

 

 

本質に即した方法は、

効率的だと実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こり 腰痛

この記事に関連する記事一覧