福岡 パーソナルトレーニング 加圧トレーニング

福岡 関節リカバリー専門 出張パーソナルトレーニング

加圧トレーニングのメリットとデメリットについて

 


福岡 関節リカバリー専門出張パーソナルトレーニング

 

 

関節痛を改善させて、

ハイパフォーマンス美BODYへ導きます。

関節リカバリートレーナーの宮本です。

 

 

本日のテーマは、

 

 

「加圧トレーニングのメリットとデメリットについて」

についてです。

 

 

 

加圧トレーニングはご存知でしょうか?

 

 

 

 

腕の付け根と

脚の付け根に専用のベルトを巻いて、

 

 

 

 

血流を制限しながら行う

特殊なトレーニングのことです。

 

 

 

 

知ってる!

聞いたことがある!

 

 

 

 

という方は多いけど、

まだ体験したことはない。

と言う方の方が多いでしょう。

 

 

 

 

血管に適切な圧をかけ、

低い負荷で運動を行うと、

腕は血管に圧がかかりピリピリと痺れます。

 

 

 

 

血管の隅々まで血液がいきわたるので、

腕の筋肉はパンパンに膨らみます。

 

 

 

 

いわゆるパンプアップ

という状態なのですが、

 

 

 

 

筋肉が少ない人は

あまり感じたことがないかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、加圧トレーニングでは、

筋肉が少なくても体力がなくても

この状態を簡単に経験することができます。

 

 

 

 

そんな加圧トレーニングの効果は、

 

 

☑ ダイエット効果

 

 

☑ 血行促進

 

 

☑ 回復力アップ

 

 

☑ 筋力アップ

 

 

☑ 若返り・美肌

 

 

 

と言われています。

 

 

 

 

これらの効果は

加圧トレーニングでなくても得られるものなのですが、

 

 

 

 

加圧トレーニングならでわの

メリットとしては、

 

 

短時間のトレーニングで効果が得られる

 

軽い負荷でも効果が得られる

 

 

この2つが大きいですね。

 

 

 

加圧トレーニングでは

短時間・低負荷で成長ホルモンを分泌することが可能で、

トレーニング後は脂肪が燃えやすくなります。

 

 

 

 

トレーニング時間は

全身約30分ぐらいから始めることができます。

 

 

 

 

30分は長いよ~

と思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

重いウエイトを持つトレーニングでは

少なくとも倍の時間が欲しいところ。

 

 

 

また、筋肉には

速筋と遅筋というものがあり、

 

 

 

 

これらを同時に鍛えることが可能なので、

時間を短縮できることになります。

 

 

 

 

負荷が軽くても効果的なので、

疲労も少なく、後に残りにくいです。

 

 

 

 

最初は筋肉痛になりますが、

すぐに残らないようになります。

 

 

 

 

運動がメインで生活しているのは、

アスリートぐらいなので、

疲れが残りにくいのはありがたいですね。

 

 

 

 

短時間・低負荷で効果的なので、

運動初心者やリハビリには向いているトレーニングですし、

 

 

 

 

トレーニングに時間をかけたくない人にも

便利なトレーニング方法です。

 

 

 

 

デメリットとしては、

特殊なトレーニングのため、

専門のトレーナーから指導が必要なこと。

 

 

 

 

また、

加圧インストラクターもピンキリで、

ちゃんと選ぶ必要があるということ。

 

 

 

 

加圧インストラクターの免許は、

加圧については勉強するけど、

 

 

 

 

体のケアやトレーニングについては

また別の学びになるので、

体作りに詳しくない人もいます。

 

 

 

 

あと、

低負荷・短時間ということで、

楽なトレーニングと思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

あくまでも、

トレーニング経験者や専門家から見た感想でして、

 

 

 

 

始めてトレーニングを始める人や

ブランクがある方からすると、、、

 

 

 

 

やはり、

そこそこキツイと感じてしまうでしょう。

 

 

 

 

でもね、

本当に短時間・低負荷で効果的な

トレーニング方法です。

 

 

 

 

ぜひ、一度お試しください!

 

 

 

 

 

 

LINEによる相談・お問い合わせはこちらから

 
 
①お名前②年齢
③症状・トレーニングの目的
 

 

以上を記入していただき、
ご相談ください。

 

 

 

友だち追加

ID検索 : @213ghjre

 

加圧トレーニング

この記事に関連する記事一覧